1. 面接の日程変更をメールでお願いする際の「件名」と「文面」のマナー

面接の日程変更をメールでお願いする際の「件名」と「文面」のマナー

by koalazymonkey
 面接のシーンで日程変更を依頼する際には、電話で連絡を入れることが基本。しかし、電話が通じないのであれば、メールで面接の日程を変更してもらう必要があります。メールで面接の日程変更をお願いする際、どのような件名で送ることが適切なのでしょうか。

メールの件名における注意点

 メールにおける件名とは、その内容を一目で伝えるためのもの。その為、メールの件名には「面接日程変更についてのお願い」や「面接の日程を変更させてください」などという件名にすることが相応しいです。

 特に面接の日程変更に関しては、重要な問題になります。件名に日程の変更の旨を表記しておかなければ、メールをスルーされてしまったり、迷惑メールに振り分けられてしまう可能性もあります。そのためにも、相手の目につきやすい件名にしておくことが基本です。

メールにおける文面について

 メールで面接の日程を変更する場合には、以下のような文面で変更を申し出るのが好ましいでしょう。まず始めに、メールの冒頭には「株式会社○○人事部採用担当○○様」と宛先を入れます。次に「お世話になっております。」と一言入れた後に、自分の名前を名乗ります。そして「今回は面接の機会をいただき、どうもありがとうございます。」と、面接していただくことに関するお礼を入れます。

 そして本題に入ります。本題では、「○月○日○時に予定していた面接が○○という理由でお伺いすることができなくなってしまいました。」とまず、ことの有り様を話し、続けて「勝手なお願いで申し訳ありませんが、もし可能でしたら○月○日以降に改めて面接を受けさせて頂けないでしょうか」と続けます。

 締めくくりには「お手数をおかけしまして申し訳ありません。何とぞよろしくお願いします。」と謝罪の言葉とお願いの言葉を入れます。文末には、こちらの署名を記載し、名前や住所、電話番号やメールアドレスなどを記します。

 面接の再調整をお願いする場合には、基本的には1度までが原則です。もし予定がこちらも沢山詰まっている場合には、「下記日程での調整は可能でしょうか」と一言書き、その下に日時を連ねることが良いでしょう。なるべくメールで相手を煩わせることが、無いように気をつけましょう。


 メールを送る際には、メールの時間を配慮することも必要です。面接の日時変更メールは重要な内容のため、メールをあまり見ないと思われる早朝等は避けましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する