1. 面接官に好印象を持たせる自己PRの模範

面接官に好印象を持たせる自己PRの模範

 面接の度に「どうしよう」「何を話そう」「ちゃんと質問に答えられるだろうか」「印象よく終えられるだろうか」等と不安に思う気持ちは誰しもあると思います。面接の成功の秘訣とは一体何でしょう。その人を雇って企業にとって利益はあるかというのももちろん重視されていますが、多くの人の中から自分を選んでもらうためには如何に面接官に自分を印象づけるか、ということが重要になります。そのために自己PRは大切です。模範的な自己PRの仕方というのを考えたことがありますか。もし知っていたら、面接なんて怖くなくなるはずです。

模範的な自己PRとは

 「模範的な自己PR」というと何か決まった言い方があるように感じられるかもしれませんが違います。実は正解などあるものではありません。ありきたりの自己PRなど何の印象にも残らないので無意味です。ではどうしたらいいのでしょう?それは「あなたにとってのベストな自己PRの仕方を確立しておくこと」です。

 面接官の印象に残すためには、アピールの仕方がとても重要になってきます。「自分はいたって普通の人間で特に自慢できることも得意なこともない」という人もいるかとは思いますが普通で全く問題はありません。重要なのは言い方です。同じことを言うにしても言い方によって随分と印象が変わるものです。

 例えば「料理をするのが好きです」と言うのか、「家族が喜んでくれるので料理をするのが好きです」と言うのか、「家族が喜んでくれるので日々色々な料理を好んで作っています。オリジナルレシピもたくさんあります。」と言うかで印象は違います。面接での自己PRも同じです。模範的な自己PRの仕方が少しは分かってきたのではないでしょうか。

「言葉に深みをもたせる」ことが秘訣!

 先ほど例を出しましたが、言葉に深みをもたせることはとても効果的です。もし自分の性格を「明るい」と表現していたとしたら、どういう風に明るいのか?よく話すのか、よく笑うのか、いつでもムードメーカーになる等と色々あると思います。言葉は同じ「明るい」でも個々で違う明るさを持っているはずです。自分を特徴づけるためにより深く考えてみましょう。

 このように深みをもたせるためにはより詳細な自己分析が必要となります。今までどういった場面で気持ちが高揚しましたか?落胆しましたか?思い出して書き出してみてください。たちまち内容豊かな自己PR文が書けることでしょう。面接では面接官に自分という人間に興味や関心をもってもらうことが何より大切です。面倒かもしれませんがそのために大切な作業です。ぜひやってみてください。

 ここまで出来たらあとはそれを口に出して言ってみましょう。いかに気持ちがこもっているかが大切です。もちろん面接という場ですから適度に、ではありますが、言葉に心がこもっているかどうかというのを面接官はすぐに見破ります。また心から言っている言葉はとても聞きやすく、印象も良いです。薄っぺらな自己PRに聞こえてしまわないように練習して自分のものにしましょう。自分のことを伝えるのですから難しいことではないはずです。



 ここまでをクリアできればもう面接は怖くありません。これぞ自己PRの模範であり、あなたのスタイルとなります。自信をもって面接に挑みましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する