1. 転職先の人間関係に不安を感じるときの解決法 —— 視点を変えれば「不安」は「期待」に変わる

転職先の人間関係に不安を感じるときの解決法 —— 視点を変えれば「不安」は「期待」に変わる

by gcoldironjr2003
 転職を考えているとき、転職先の職場の人間関係がうまくいくかどうか不安に思う人は多いかもしれません。転職を考えるきっかけが人間関係の場合には、同じ失敗をしたくないでしょうし、別の理由で転職したいと考えている場合にも良い人間関係が築けるかどうかは気になるポイントだと思います。そこで、今回はそのような転職先の人間関係に関する不安を少しでも解決できるような方法について紹介していきましょう。

面接の時に確認する

 転職先の内部を知るための一つの方法は面接の時に確認するというもの。面接の時には、どのような質問をされるか、その質問にどのように回答すれば良いかということに気を取られることが多いと思いますが、面接は自分が見られるだけではありません。転職を考えている人が、転職先について知るための機会でもあるのです。

 面接中に人間関係についてダイレクトに質問するということは難しいかもしれませんが、面接官の人となりなどを感じることはできるでしょう。採用に関わる人事の担当者を見るだけでも、その会社の雰囲気を少しは掴むことができるはず。また、多くの場合には面接官とだけ接するわけではありません。会社の入り口で応対する社員は別である場合はよくありますし、応接室や面接室に向かう通路で他の社員とすれ違うこともあるでしょう。

 そのようなちょっとした接触からでも、明るい職場であるかどうか、社員は元気に働いているか、というような様子が分かるはずです。また職場の近くを通ることもあります。そうした様子などから転職先の人間関係を推測すると良いでしょう。

考えすぎないようにする

 人間関係は重要なファクターではありますが、必要以上に考えすぎないことも大切。今の人間関係が良好であれば、なおさら転職先の人間関係が不安に感じるかもしれませんが、転職しない場合でも人間関係は変化していきます。同じ職場でも時間が経過すれば変わる可能性はありますし、人事異動などによって変化がもたらされる場合もあります。

 したがって、転職によって人間関係は大きく変化しますが、それも時間とともに変化していくもの。ですから、あまり気にしすぎても仕方がないという考え方もできるのです。

 また、もう少し前向きに考えると、新しい出会いは必ず成長に繋がっていくと考えると良いかもしれません。今まで自分にはなかった考え方を知ることができたり、自分自身に対してもこれまでと違った見方をされたりすることで、必ず得るものがあります。人間関係が変化するということは慣れるまで大変かもしれませんが、それだけ得られるものも大きいのです。


 
 転職先の人間関係が不安に感じるという人は、新しい職場の様子を確認する方法は面接などの機会を活かすようにしましょう。また、必要以上に考えすぎずに新しい出会いを良いチャンスだとポジティブに考えていくことによって、不安を期待に変えていくことが出来るのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する