1. 面接で緊張せず自分の熱意をしっかり伝える方法

面接で緊張せず自分の熱意をしっかり伝える方法

by williamcho
 面接のときに伝えたいのは、やはり自分の熱意だと思います。面接官に「うちの会社で働いてもらいたい!」と思わせるアピールは大切です。その熱意はしっかり持っているはずなのに、いざ面接が始まると緊張して上手く伝えきれなかったというのは、もったいないです。面接で緊張せずに、自分の熱意をしっかり伝える方法を紹介します。準備から直前に役立つアドバイスをまとめました。

しっかり熱意を伝える方法

 まず、面接の事前準備で覚えておきたいこと、それはいくら熱意がこもっていても、内容がしっかりしていなければ意味がないということです。緊張しやすい人ならなおさら、予めポイントを押さえた伝えたいことをまとめておくのが良いでしょう。

・なぜ数ある会社の中で、この会社なのか
・なぜ色々な職種がある中で、この職種なのか
・仕事や会社に対して、どんなことを自分が貢献できるのか
・困難やトラブルにぶつかった時、自分はどう考えるか

 このようなポイントを押さえておくと、面接でもスムーズに熱意を伝えることができます。また、緊張をしてしまいがちな人は慌てることのないよう、丸暗記をしてしまいがちです。しかし、覚えた言葉を話すようではいけません。事務的に話す言葉では、熱意が伝わりにくく「質問の答えを用意してきた」と受け止められてしまうこともあります。また、全て覚えることが負担になってしまい、「面接では思うように自分の思いを伝えられなかった」となっては、もったいないです。熱意を伝えるための「ポイントを押さえた内容のまとめ」を覚えておきましょう。

不安や緊張をほぐす方法

 面接の直前では緊張も高まります。事前の準備で熱意の内容を押さえたからこそ、ここでは緊張を和らげる対策が大切です。

・大きな声を出して緊張をやわらげる
・ゆっくり深く深呼吸を繰り返して心拍数を抑える
・手帳で来週の予定をみながら気分を明るくさせる
・用意してきた準備などを振り返り、不安を自信に切り替える

 このような行動を実践してみましょう。緊張を引き起こす様々な原因を考えて、体から緊張を和らげたり、体の中や心の緊張を解きほぐしたり、リラックスさせるのがポイントです。「うまく熱意が伝えられるかな」「面接はなれていない」といった不安から緊張へと繋がり、更には面接で思うように言葉が出てこないといった悪循環は避けたいです。今までしっかりと準備をしてきたというのを思い出して不安を自信に変えましょう。面接の直前では「やるべきことはやった!」という気持ちで、面接を楽しむ意識で進めると結果も良くなるはずです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する