1. シリコンバレーで働く人々の年収

シリコンバレーで働く人々の年収

 皆様はアメリカのシリコンバレーと聞くとどのような事を想像しますか。多くの方々がIT産業が活発な地域と想像することでしょう。シリコンバレーはIT企業が集中しており、有名所ですとTwitter社があります。その中で働く営業マンからエンジニアまで非常に高額な報酬を得ており、このまま発展していく場所かと思われていました。しかし、高額な報酬を受けている人もいればその下で苦しんでいる方がいるのも現状です。ではどれぐらい違いがあるのか見てみましょう。

高額な報酬を得ている方々の年収

 まずシリコンバレーで働いている高額な報酬を受けている方々です。営業マンの場合ですと平均で年収600万円、若いエンジニアの方でも1000万円を超える年収を得ている方々までいます。理由として高学歴であり、尚且つ技術力も他の方の追従を許さないほどの高いレベルまで達しているからです。特に大手のIT企業の場合、日本と同じく新入社員を雇うこともありますが、殆どがヘッドハンティングを行い優秀な人材をお金で引き入れます。またヘッドハンティングで得た社員は資格の保有数からどんな問題にも対応できるスキルを持っているため来たその日に仕事を始められます。

 日本ではヘッドハンティングというルクルート手法はまだ一般的ではありませんが、外国であれば日常茶飯事です。と言うのも会社に情が殆ど無いためです。外国の場合、日本と異なりその役職になると役職以上の収入を望むことは不可能です。そのため現在より好条件を出してもらえるのであればすぐにでも退職して違う会社に行きます。そのため、シリコンバレーには優秀な人材が集まりやすくなっています。

低所得者の年収

 次に低所得者の年収です。低所得者の場合350万円も満たない方々が多く、200万円代が非常に多い状況です。と言うのも、シリコンバレー周辺にはその日暮しで来ているホームレスが非常に多いためです。華やかなITのイメージとは違って、シリコンバレーにはアメリカ最大のホームレスの集落「ジャングル村」という村が存在します。そのジャングル村では上記で述べたとおりにその日暮し、例えば空き缶拾いでしたり古紙回収、日雇いで働いている方々までいらっしゃいます。中にはシリコンバレーで働けば良いのではと意見がありますが、彼らでは3日も持たずに辞めさせられてしまいます。上記のように優秀な人材が集まる集団で彼らの技術は必要ないのです。

 そのため、シリコンバレーにはホームレスが集中してしまい年収の平均が落ち込んでいるのです。政府が手を差し伸べたとしても、彼らの場合はそれに甘えてしまい結局働こうとせずにその場に落ち着いてしまうのです。働けないのも確かにいけないことですが、働こうとしない方も悪いと考えています。



 シリコンバレーでは年収の二極化がだんだん激しくなっています。有名企業で働く多くの方は日本と比較しても高額の給与を得ています。しかし、スキルが無い方はすぐに首を切られますし、使えないと分かればその日にでも首になります。非情と思いますが、シリコンバレーではその分高所得を望めますので皆様は特に気にも留めません。そのため今でも二極化は広がる一方です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する