1. 英語で問い合わせの電話があったときに使えるフレーズ集

英語で問い合わせの電話があったときに使えるフレーズ集

by vramak
 近年、大企業のみならず中小規模の企業でも突然、海外企業から英語での問い合わせの電話が入ってくることが珍しくなくなっています。ビジネスチャンスを逃さないためにも、常日頃から準備しておく必要があります。そこで、今回は英語で問い合わせの電話があったときの話し方を例文を通して紹介します。

受けた電話に応える場合

 はい。田中電機でございます。
 Hello. This is Tanaka Electronics. May I help you ?

 ご用件を伺います。
 What can I do for you ?

 誰におかけですか。
 Who are you calling ?

 どちらの部署におかけですか。
 Which selection are you calling ?

 お名前をお願いします。
 May I have your name, please ?

 名前のつづりをお願いします。
 Could you spell your name, please ?

 もう少しゆっくり話し手いただけますか。
 Could you speak a little more slowly ?

 もう少し大きな声で話してください。
 Could you speak a little louder, please ?

電話を取り次ぐもしくは本人が電話に出られない場合

電話を取り次ぐ

 少々お待ちください。
 Please hold on a minute.

 そのままお待ちいただけますか。
 Could you hold on a minute please ?

 ただいまおつなぎいたします。
 I’ll connect you.

 ただいま本人にかわります。
 I’ll get him/her for you.

 田中にかわります。
 I’ll put you through to Tanaka.

本人が電話に出られない場合

 申し訳ありません。今、席をはずしています。
 I am afraid he is not here at the moment.

 ただ今、外出しています。
 He’s out at the moment.

 別の電話に出ています。
 He’s on another line.

 本日はお休みです。
 He’s off today.

 会議中です。
 She’s in a meeting now.

 接客中です。
 She’s with a customer right now.

 出張中です。
 He’s on a business trip.

 福岡に出張しています。
 He’s on a business trip to Fukuoka.


 以上、英語で問い合わせの電話が会った際の受け答え方や取り次ぎ、また本人が電話に出られないときの受け答え方を紹介しました。ぜひ、みなさんも海外企業から引き合いの電話が会った際に、使いましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する