1. 英語でスピーチをするときに使う原稿の覚え方のコツ

英語でスピーチをするときに使う原稿の覚え方のコツ

by mpclemens
 英語のスピーチでは、正しい表現や、語弊のないような言い回しをするために事前に原稿を用意することが多いでしょう。しっかりと記憶しておいたほうが、語弊がなく、ビジネスもうまくいきやすいのではないでしょうか。ここでは、英語のスピーチで使う原稿の覚え方を紹介したいと思います。

先に原稿の日本語訳を暗記してしまう

 スピーチの内容を、完全に日本語で理解し、英訳を全て間違いなく話せるように、自分のスピーチの日本語訳を覚えましょう。日本語なので、内容が把握しやすい為、覚えることは容易だと思います。自分ひとりではなく、練習相手を用意して、スピーチの練習をして下さい。どの部分を強調すれば良いのかつかめるようになります。十分に練習をした後に、英文のスピーチ練習に入ります。丁寧に下準備を重ねれば、原稿を覚えることは随分楽になると思います。

強く読む部分を色付けして抑揚を付けて覚える

 英語の原稿を覚える時ですが、ひとつひとつの英文に個性を持たせると記憶が楽になります。全体を幾つかに分けて、暗記を進めていきましょう。英文を読む時には、一つのフレーズの中にも、強く読む所、そうでない所があります。文章の中で強く読む部分にマーカーで色を塗っていき、色付けができたら、実際に英語でスピーチを読んでみましょう。

聞くことで覚える

 自分が英語の原稿を読んだ音源を用意してみてください。そうすることで、目だけの情報ではなく、耳からの情報も記憶することができ、さらに記憶しやすくなります。自分で読んだ音源を聞きながら、原稿を読み、だんだんと音源や原稿に頼らないようにしていくと、最終的に覚えることができるのではないでしょうか。


 ここでは、英語のスピーチをするときの原稿の覚え方を紹介しました。原稿を覚えるときは、補助や、事前の準備をすることがコツになります。原稿を覚えるときは参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する