1. 英語のライティングスキルを十分に活かせる仕事

英語のライティングスキルを十分に活かせる仕事

by ♔ Georgie R
 グローバル化が加速するなかで、今や英語は必須スキルの一つとなっています。英語を学ぶ理由は人それぞれですが、読み書きが得意な人や話すことが得意な人など人によって得手不得手があるのが実際です。そこで今回は英語の「ライティング」というスキルに着目します。どのような仕事において、実際に英語のライティング能力を生かすことができるのでしょうか。そんな仕事を紹介していきたいと思います。

英語の仕事1:翻訳家

 英語のライティング能力を活かせる仕事として、真っ先に思い浮かぶのが翻訳家という仕事です。翻訳家と聞くと本の翻訳が基本的なイメージとして持たれがちですが、映画の字幕を作成するといったことも仕事になります。

 翻訳家は単に日本語を英語に訳す、英語を日本語に翻訳するするようなことだけではありません。国によって文化や習慣などが異なり、それによって言葉のニュアンスが異なってくる部分があります。そこで、翻訳をするときには翻訳する文章を提供する国の文化に合わせて文章を作成することが必要となります。翻訳家になる場合には、単に英語のライティング能力が高いだけではなく各国の文化の違いなどを理解していること、その国の文化などに合うような正しい意訳ができる能力が場合によっては必要とされます。

英語の仕事2:外資系、総合商社などの社員

 次に、英語のライティング能力を活かす仕事としては、外資系の社員などになって海外の人間と関わるような仕事です。海外の国と関わる仕事であれば、契約文章を書くときやメールでの英語でのやり取り、議事録などの翻訳などに英語のライティング能力を活かすことができます。

 これらの仕事に関しては、英語のライティング能力はもちろんのこと、聞き取りや会話能力、その他にも仕事によっては交渉力や営業能力など時には多くの技術を求められることがあります。また、海外出張であちこち転々としなければならないこともあるため、環境の変化に耐えられる忍耐力や適応力が必要とされるでしょう。近年のグローバル化の流れから、多くの企業が英語ができる人を求めています。

英語の仕事3:学校等の英語教師

 英文のライティング能力を活かせる仕事として最後に挙げられるのは、学校などの英語教師です。英語の能力を活かせるというだけでなく、子供と接するのが好きな方や、英語を教えるのが楽しいという方には適した職業です。

 日本の英語を見ていただけると分かりますが、学校教育の大部分がリーディングとライティングです。ライティングに強みがある英語教師は授業のための教材を作成したり、生徒に正しい文法を教えることができるといったメリットがあります。教員免許などの資格が必要な場合もありますが、塾の講師等であれば資格なしでも働けることがあります。



 ここでは、英語のライティングスキルを活かすことのできる仕事を紹介してきました。日本人は話すことよりも読み書きをする方が得意な人も多く、仕事に大しても大きな強みとなります。是非、自分に合った英語の仕事を探してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する