1. 転職を決断する時に大きなきっかけとなりうる3つのパターン

転職を決断する時に大きなきっかけとなりうる3つのパターン

 一昔前は「石の上にも三年」と言われ、たとえ何かの問題があるにせよすぐに辞めずに三年は在籍していないと確かな判断は出来ない、という事が言われていました。

 しかし今はどうでしょうか。合わない会社に無理をして留まる必要はない、という考え方が広がっています。もちろん、どんな仕事や会社だって、自分にとって100%良い事なんてあり得ません。それでも、無理をし続ければ自分の身体を壊してしまう可能性もありますので、転職する事に対しては冷静に判断を下す必要があります。では、転職を決断するのにはどんな事がきっかけになるのでしょうか。

正しい事が受け入れられない会社

 会社や仕事に対する不満の内容は、人それぞれ違いがあるでしょう。仕事の内容自体が気に入らない人も居れば、給料が気に入らない場合もあります。「好きな事は仕事にする事は出来ない」とも言いますが、今はそうではありません。上手に判断をしていけば、好きな事を仕事にする事も出来ます。

 しかし大半の人は、自分の興味があまり無い事を仕事にせざるを得ないのが現実でしょう。多くの人にとって仕事とは生活をするための手段であり、趣味を収益に変えられる人は少ないからです。

 この様な場合、興味が無かったりあまり前向きになれないような仕事をいざ辞めようという決断のきっかけは、正しい事をしていても会社側にそれを理解してもらえない場合が挙げられます。

 同僚は解ってくれているのに、会社が理解してくれないので仕事内容においても給料面においても自分の望む形は得られずに過ぎてしまいます。この様な会社に身を長く置いていても、精神的辛いだけですので転職する決断が下せるでしょう。

人間関係において問題がある会社

 一人で行なっている様な自営業やフリーランス以外は、誰かと共に仕事をすることが多いです。今は昔と違い、同僚に対してあまり興味を示さない人も多くなってきています。

 ここでもやはり、仕事というものをどう捉えているかというのがポイントになってきます。仕事があくまでも生活の手段であれば、同僚と関係が薄くても気になりませんし、多少人間関係で問題があったとしても自分がしっかりとしたスタンスを保てば良いだけです。

 ただし、どんなに自分がその様な立ち位置に居るように努力したとしても、どうにもならない人間関係というのも存在することでしょう。その様な時には、他人を変える事は難しい事ですから、自分の方から身を引く決断をくだす方が賢明な場合もあります。

家族を養えない会社

 独身者なら、どの会社に勤めても何度転勤しても自分だけの問題で済みます。しかし家族が居る場合はそうではありません。この場合、自分よりも家族の事を優先させる決断というのも大切なことです。

 自分としてはその会社に魅力を感じないけれども、家族ともちろん自分の幸せが保てるのであれば、転職を考えない方が良いでしょう。逆に、自分にとっては興味がある魅力的な仕事であっても、家族がそのために犠牲になっているのであれば、転職を決断するきっかけとなるかもしれません。

 家族を愛している人にとっては、自分の仕事よりも家族優先という人も多くいらっしゃいます。そのため、家族のために転職するという事は十分考えられるきっかけなのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する