1. 【決断前にチェック!】後悔しない転職をするために考えておくべき3つのこと

【決断前にチェック!】後悔しない転職をするために考えておくべき3つのこと

by paul bica
 転職は人生を大きく変えるステップアップのチャンスですが、これまで築き上げてきたものを失うリスクもあります。何かを手に入れるためには、大きな決断をしなければいけませんが、それは転職でも同じ。転職で後悔しないためには、決断の前にあらゆることを考えておかなければなりません。今回は、後悔しない転職をするために考えておくべきことについて紹介します。

1. 仕事に求めることは何か?

 仕事に求めることは人によって異なります。高い収入を望むのか、社会的名声を望むのか、誰かに感謝される仕事をしたいのか、自由な裁量で仕事をしたいのか、何を望むのかによって選ぶべき仕事が異なるように、転職するかどうかの判断も仕事に何を望むかが強く影響します。

 転職したことによって自分の理想に近い職場に移れるのであれば良いのですが、転職したことで理想的な職場から遠ざかってしまっては意義のある転職とは言えず、後悔することになってしまいます。後悔しない転職をするためには、転職先の職場環境が自分が仕事に求めることに適しているのかどうかを見極めることが重要です。

2. 転職で変わることは何か?

 転職とは変化を求めて実行されるものです。何も変わらない転職というものはあり得ません。あったとしてもそのような転職ではする意味がありません。転職でどのようなことが変化するのかをきちんと理解しないまま転職してしまうと、予想外の事態に直面してしまうでしょう。

 例えば、高い収入にばかり注目して転職してしまった場合、予想外の長時間勤務を求められて健康を害してしまう可能性もあります。すべての条件が希望通りの職場というのはまずありませんが、転職によって何がどのように変化するのかを理解していないと満足のいく転職はできません。あらゆる条件を検討し、何が変化するのかを理解したうえで転職することが、後悔しない決断に繋がります。

3. 転職で未来はどう変わるのか?

 転職をキャリアプランの一つとして考えた場合、未来の展望がより明るく変化するものでなくてはいけません。転職することで自身の仕事がどのように進むのかということは、個人のライフプランにかかわる大きな問題。単に収入の変化や勤務地の変更というだけにとどまらず、転職があなたの未来にどのような影響を及ぼすのかを考えた上で決断をしなければ、転職を有意義なものにすることはできません。

 今後、転職先にどのくらいの期間勤務するのか、転職が生活にどのような影響を及ぼすのか、そういった一つ一つを考えていくことで、転職による人生の変化を推測することができます。後悔のない転職をするためには、自身の未来を考えた決断が求められるのです。


 転職とはすなわち変化であり、変化に後悔はつきもの。100パーセント満足のいく転職は難しいかもしれませんが、後悔を限りなくゼロに近づけることは可能です。転職に関わることを深く考慮することだけが、後悔をゼロに近づける唯一の方法。転職してから後悔しないように、あらゆることを考えてから決断するようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する