1. 【ネイティブのような印象を与える!】英語でビジネスの電話をかける時の話し方

【ネイティブのような印象を与える!】英語でビジネスの電話をかける時の話し方

by kevin dooley
 英語でビジネスの電話をかけるというのは、初めはとても緊張するのではないでしょうか。どう掛けたら良いのか、どう話し出せば良いのかなど話し方についても色々悩むところはあると思います。私達日本人が英語で電話を掛ける際の典型的な失敗談として、話し方が丁寧になりすぎて、同じことを何度も繰り返したり電話したそばからSorryを何度も使ったりというようなことが挙げられるそうです。ネイティブのようにスマートに話し出すには、基本フレーズの習得と繰り返しの練習が必要です。今回は、英語でビジネス電話を掛けた際の話し方について紹介します。

電話をする際の心得

 まず、電話をする際に気を付けたいことですが、ひとつは先にも書きましたが、「Sorry」を使わないことです。悪いことをしていないのにSorryばかりを言うと信用を失います。電話を掛けるだけで誤ったことをしたのでないのならSorryは会話中に一度も出してはいけません。その代わり「Thank you」や「please」を文中に挟むことを常に意識しましょう。そして話し方ですが、あまり流暢に話してしまうと相手があなたの英語を過剰評価し、とても早く話してくる可能性が高いです。あまり練習しすぎて流暢に話せてしまうとそういった危険性もありますので、出来ればあえてゆっくり話したほうがいいかもしれません。

まずは相手を呼び出す

 電話を掛けますと、まず相手が電話に出ます。おそらく「Thank you for calling. This is XXX company.How can I help you?」と出るでしょう。そうしましたらまず「Hello, This is Taro Yamada from ABC company.」と言います。その後、「How are you?」と相手に聞いてもいいでしょう。相手は「I’m fine, Thank you. And you?」や「I’m good thank you. How about you?」と聞いてくるかもしれません。そうしたら「I’m fine thank you.」とし、さらに何について電話しているのかを伝えます。

 「I’m calling regarding~」(~に関しましてお電話しております。)や、話す相手が決まっていない問い合わせの電話などを掛ける場合は「I’m calling to inquire about~」(~について問い合わせしております。)等を使用して何について問い合わせているのかを明確にします。そして最後に「May I speak to Mr.Smith?」(スミスさんはいらっしゃいますか?)と聞きます。

相手が電話に出たら

 相手が電話に出たら、再度「Hello, This is Taro Yamada from ABC company.」と自己紹介をします。そして今話しても大丈夫かを確認しましょう。「Is this a good time for you to talk?」(今話しても大丈夫ですか?)と聞きます。そして相手が話せそうであれば再度電話の目的を「I’m calling regarding~」や「I’m calling to inquire about~」を使用して伝えます。

会話が終了したら

 会話が終了したら「Thank you for your time.」(お時間ありがとうございます。)とお礼をし、「I’ll see you soon.」や、相手に会う予定がない場合は「I’ll talk to you soon.」と会話を締めくくります。


 電話一つ掛けるのも英語だと緊張します。しっかり使えそうな語句をノートにまとめておきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する