1. 【例文付き】英語の電話対応で使えるビジネス英語フレーズ集

【例文付き】英語の電話対応で使えるビジネス英語フレーズ集

【例文付き】英語の電話対応で使えるビジネス英語フレーズ集 1番目の画像

 日常生活の中で英語を使うことがほとんどないというビジネスパーソンも、仕事の中で英語の電話を受けなければならないこということもあるだろう。

 突然かかってきた英語の電話にもスマートに対応できるよう、基本的な注意事項と、役立つ英語フレーズや例文をチェックして今後の業務に役立てよう。

目次
+ + 【基本】英語で電話対応をするときのポイント3つ
+ + 【状況別】英語で電話対応するための基本フレーズ
+ + 【困った場面別】覚えておくと役立つ英語の電話対応フレーズ
+ + 【参考トーク】英語の電話対応での会話例

【基本】英語で電話対応をするときのポイント3つ

【例文付き】英語の電話対応で使えるビジネス英語フレーズ集 2番目の画像

 英語で電話対応する上で、大切なことは大きく分けて3つある。英語で電話対応をしなければならないときは、以下3つのことを思い出そう。

英語電話対応のポイント①:ゆっくりはっきり話す

 英語での電話対応で一番大切なことは、要件が伝わること。片言の英語でもいいので、ゆっくりはっきり話して内容をしっかり伝えるのがコツだ

 ネイティブの真似をして早口に英語を話しても、内容が伝わらないのでは意味がない。英語の電話がかかってきたら、まずは落ち着いて話せるように深呼吸をしよう。

英語電話対応のポイント②:フォーマルなビジネス英語を使う

 ビジネスにおける英語の電話対応で求められるのは、フォーマルな表現だ。ビジネスパーソン同士のコミュニケーションとして、ふさわしい英語表現を押さえておこう。

 例えば相手の名前を尋ねるときにも、カジュアルな英語とフォーマルな英語で違いがある。

 カジュアルなお喋りなら”What's your name? ”でいいかもしれないが、ビジネスパーソンとしては、”May I have your name? ”と聞きたいところだ

英語電話対応のポイント③:意味が曖昧な日本語は訳さない

 英語の電話対応では、一般的な日本語の慣用表現を、わざわざ英訳して伝える必要はない

 たとえば日本語の電話対応ならば「お世話になっております」という表現を使うのが一般的だが、これをそのまま英語に訳すことは難しい。

 英語の電話対応では、ビジネスシーンで使われる英語表現だけを押さえておけば十分なのだ。

【状況別】英語で電話対応するための基本フレーズ

【例文付き】英語の電話対応で使えるビジネス英語フレーズ集 3番目の画像

 英語で電話対応するにあたっての注意事項がわかったところで、早速フレーズを見ていこう。シンプルな英語フレーズは、この機会にぜひ覚えよう。

【英語電話対応フレーズ集】担当者への取次を求めるフレーズ

・Hello, this is Yamada from AAA company speaking.

(こんにちは、AAAカンパニーの山田です)

・May I speak to Mr. Brown, please? / I’d like to speak to Mr. Brown.

(Brownさんをお願いします)

・May I speak to Mr. Brown at extension 190?

(内線番号190のBrownさんをお願いします)

・May I have extension 190, please?

(内線番号190をお願いします)

・Could you put me through to the marketing department?

(この電話をマーケティング部につないでいただけますか?)

・I'd like to speak to someone in charge of marketing.

(マーケティング担当の方をお願いします)

・May I speak with the customer center officials, please?

(カスタマーセンターの職員の方とお話ししたいのですが)

【英語電話対応フレーズ集】話したい人が不在のときのフレーズ

 電話で話したい人が不在だった場合は、受話器の向こうの相手に、必要な対応をお願いしなければならない。

 もう1度折り返しの電話をするのか、相手が戻ったら折り返してもらうのか、伝言を残せば済むのか。それぞれのシーンで必要な表現をチェックしよう。

・May I leave a message?

(伝言をお願いできますか?)

・When is a good time to call?

(いつ電話すれば、ご都合がよろしいですか?)

・Could you tell him that Taro called?

(太郎から電話があったとお伝えいただけますか?)

・Could you tell him to call me back?/ Would you please tell him to call me back?

(彼に折り返し電話するようにお伝えいただけますか?)

・I'll call him back later.

(あとでまたかけなおします)

【英語電話対応フレーズ集】相手が出たときのフレーズ

・Is this a good time for you to talk?/ Do you have a minute?

(今、お時間よろしいですか?)

・Are you busy right now?

(今、お忙しいでしょうか?)

・Thank you for your time.

(お時間いただいてありがとうございます)

・I’m calling regarding ~. / I'm calling about~.

(~に関してお電話いたしました)

【英語電話対応フレーズ集】アポをとりつけるときのフレーズ

 ビジネスメールでアポを取ることも多いが、電話口でやり取りすれば手間なく済む。

 ビジネス英会話として様々なシーンで使えるアポイントメントをとる際のフレーズは、ぜひ覚えておきたい。

・When is it convenient for you?

(いつがご都合よろしいでしょうか?) 

・I would like to see you next week or the week after next, when are you available?

(来週または再来週あなたにお会いしたいのですが、いつがご都合よろしいですか?)

・That'll be fine. I look forward to seeing you.

(希望の日時で可能です。お会いするのを楽しみにしています)

・I'm not available next Wednesday. How about next Thursday?

(来週の水曜日は都合がよくありません。来週の木曜日はいかがですか?)

リアルに使える!英語の電話対応で役立つビジネス英単語

  • 「部署」=department
  • 「営業部」=sales department
  • 「人事部」=human resources department

【英語電話対応フレーズ集】挨拶のフレーズ

・Hello. / Good afternoon. Thank you for calling.

(こんにちは。お電話ありがとうございます)

・Hello. AAA Company. This is Yamada Taro speaking.

(こんにちは。AAAカンパニーです。山田太郎が承ります)

【英語電話対応フレーズ集】相手に用件などの質問をするフレーズ

・How may I help you?

(ご用件はなんでしょうか?)

・May I ask who’s calling, please? / May I have your name?

(どちらさまですか?)

・Who would you like to speak to?

(誰に御用でしょうか?)

【英語電話対応フレーズ集】英語が話せる人に繋ぐときのフレーズ

・I'm terribly sorry. My English isn't very good.

(大変申し訳ありません。私は英語が得意ではありません)

・I’ll get someone who can speak English.

(英語ができる人に代わります)

・Please hold. / One moment please. / Could you hold on a moment?

(少々お待ちください)

【英語電話対応フレーズ集】担当者に繋ぐときのフレーズ

・I’ll put you through. / I’ll transfer you.

(お繋ぎします)

・I’ll put you through to Mr. Brown.

(ブラウンさんにお繋ぎします)

・I’ll put you through to the person in charge.

(担当者にお繋ぎします)

・I’ll put you through to the sales department.

(営業部門にお繋ぎします)

【英語電話対応フレーズ集】担当者がいないときのフレーズ

・I'm afraid she is not available at the moment.

(恐れ入りますが、彼女は今電話に出られません)

・I'm sorry, she is not at her desk at the moment.

(申し訳ありませんが、彼女はただいま席を外しております)

・I'm afraid she is in a meeting right now.

(恐れ入りますが、彼女は今ミーティング中です)

・I'm afraid she is on another line right now. / I'm sorry, the line is busy right now.

(恐れ入りますが、彼女は今別の電話に出ております)

・I'm afraid she is out of the office at the moment.

(恐れ入りますが、彼女は今外出しております)

・She will be back in an hour.

(彼女はあと1時間で戻ります)

・I'm afraid she is not here today.

(恐れ入りますが、彼女は今日は不在です)

・I'm afraid she has left already for the day.

(恐れ入りますが、彼女はすでに帰りました)

・Does she have your phone number?

(彼女はあなたの電話番号を知っていますか?)

【英語電話対応フレーズ集】相手の対応を求めるときのフレーズ

・Would you like to hold?

(このままお待ちになりますか?)

・Could you call back later?

(あとでかけなおしていただけますか?)

・Shall I have him call you back?

(彼にあとでかけなおさせましょうか?)

【英語電話対応フレーズ集】伝言を受けるときのフレーズ

・Would you like to leave a message?

(伝言承りましょうか?)

・Could I ask who's calling, please?

(どなたが電話しているのかお伺いしてもよろしいでしょうか?)

・May I have your name again?

(もう一度お名前をお聞かせいただけますか?)

Could you spell your name please?

(お名前のスペルを教えていただけますか?)

・May I have your phone/contact number?

(電話番号を教えていただけますか?)

・May I ask what company you are calling from?/ Could I ask what company you are with?

(会社名を教えていただけますか?)

・May I have your email address?

(メールアドレスを教えていただけますか?)

・Let me repeat your information to make sure I got it right.

(確認のため繰り返させていただきます)

【英語電話対応フレーズ集】用件が済んで電話を切るときのフレーズ

・Is there anything else you would like to talk about?

(他にご用件はございませんか?)

・Thank you for calling.

(お電話ありがとうございました)

【困った場面別】覚えておくと役立つ英語の電話対応フレーズ

【例文付き】英語の電話対応で使えるビジネス英語フレーズ集 4番目の画像

 電話対応をすると、相手を待たせてしまうことや、相手の言うことが聞き取れないといったこともあるだろう。

 そんな、英語の電話対応で困ったときに役立つフレーズを紹介していきたい。

【英語電話対応フレーズ集】間違い電話を受けたときのフレーズ

・I’m afraid you have the wrong number.

(恐れ入りますが、番号を間違えていらっしゃいます)

・There is no Yamada Taro here. / I’m afraid Yamada Taro doesn’t work here."

(山田太郎という者は社内におりません)

【英語電話対応フレーズ集】相手を待たせてしまったときのフレーズ

・Sorry for keep you waiting.

(お待たせして申し訳ありません)

・Thank you for waiting.

(お待ちいただいてありがとうございます)

【英語電話対応フレーズ集】相手の言ったことが理解できないときのフレーズ

・I’m afraid we have a bad connection. / I'm afraid I can't hear you well.

(恐れ入りますが、よく聞こえません)

・Could you say that again?

(もう一度お願いできますか?)

・I'm sorry, could you please speak a little slower?/ I'm sorry, could you please speak more slowly?"

(もう少しゆっくり話していただけますか?)

・I'm sorry, could you please speak a little louder?/ I'm sorry, could you please speak up?"

(もう少し大きな声で話していただけますか?)



【参考トーク】英語の電話対応での会話例

【例文付き】英語の電話対応で使えるビジネス英語フレーズ集 5番目の画像

 電話対応の英語フレーズを紹介してきたが、最後は英語で電話対応したときの会話例を紹介したい。

 一度読み上げて、シミュレーションしてみるのもいいだろう。

英語で電話対応するときの会話例

A:Hello, AAA Company. How may I help you?

(もしもし。AAA社です。ご用件は何でしょうか?)

B:Hello, this is Brown from BBB Company. May I speak with Mr. Yamada please?

(もしもし。BBB社のBrownです。山田さんをお願いできますか?)

A:I'm afraid he's in a meeting right now. Would you like to leave a message?

(恐れ入りますがただ今、山田は会議に出席しております。伝言を承りましょうか?)

B:Yes, please. May I have Mr. Yamada call me back when he is available? Again, my name is Brown, and he can reach me at 123-456-7890.

(はい。山田さんがお戻り次第お電話下さるようにお願いしていただけますか? もう一度、私の名前はBrownです。電話番号は、123-456-7890です)

A:Let me make sure I got your information right. Your name is Mr.Brown, and your phone number is 123-456-7890. I'll let him know you called.

(確認させてください。お名前は、Brownさんですね。電話番号は123-456-7890ですね。佐藤にあなたから電話があったことを伝えます)

B:That's correct. Thank you.

(あってます。ありがとうございます)

A:Thank you for calling AAA.

(AAA社にお電話ありがとうございました)

B:Good bye.

(さようなら)

A:Bye.

(さようなら)


 英語で電話がかかってきたとき、よく使われる定番の表現さえ知っておけば、英語の電話対応もスマートにこなせるようになる。

 本記事で英語の電話対応フレーズを確認し、英語を使った電話でのコミュニケーションを円滑にほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する