1. 英語で数をスムーズに表現するために知っておきたい練習法

英語で数をスムーズに表現するために知っておきたい練習法

by Kris Krug
 皆さんの多くが何らかの理由で英語を勉強されていると思います。英語を勉強していると最初の難関として数の表現が出てきます。数字だけであれば問題ないですが、例えばビール1杯、お茶の数え方にしても数え方が違います。意外とこの部分を知らない人が多くいるので、TOEIC等のテストでもったいないミスを犯してしまいます。そこで今回、英語で数をスムーズに表現するために知っておきたい練習法について記述していきます。

日常生活で英語を取り入れて練習する

 先ほど紹介したビール1杯でしたりお茶の数え方も、この日常生活で十分勉強できます。暖かいお茶を入れたらa cup of teaと口ずさむようにするか、容器の分かりやすい所にプリントシールを貼っておくようにしましょう。また冷たいお茶では、a glass of iced teaというようにcupでなくglassとなるので、注意して勉強するようにしましょう。

 また、お仕事をされているのであれば、朝食も勉強する機会でもあります。例えばパンを英語で表記する場合、既に切られているパンが殆どですのでa slice of breadと言うように表現しましょう。また、ご飯も同様に英語にしましょう。一膳はa bowl of riceと表記しますので覚えておきましょう。

飲み会でも英語を取り入れて頭の中で練習する

 会社に勤めている人が避けて通れないのが飲み会です。会社の付き合いで飲む場合や同期等の歳の近い者同士で飲むパターンがあります。無駄な時間だなと感じる人もいると思いますが、その飲み会でも十分、数をスムーズに表現する英語の勉強ができます。

 例えばビールです。ビールは容器によって数の表現方法が異なります。グラスで注文する場合にはa glass of beer、缶ビールですとa can of beer、瓶ビールですとa bottle of beerと表現が異なります。また居酒屋でよく出てくる肉料理の肉も数え方の表現方法が異なります。肉の表現方法はa pound of beefと言うように表現します。確かに飲み会は無駄な時間と感じる場合もありますが、無駄な時間と思わず隙を見てはこの食べ物や飲み物の数え方や表現方法は何かを調べる癖をつけましょう。すると飲み会に参加しつつ英語の語学力が向上します。


 最後に、英語で数をスムーズに表現する方法は日常生活に取り入れたり、意外と思われる飲み会でも勉強や練習することはできます。ただ単に机に向かうだけが勉強ではありません。机で集中して勉強が出来ないと嘆いている人がいたら、まずは上記の方法を試してみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する