1. TOEICの試験対策のために無料で勉強するときのテクニック

TOEICの試験対策のために無料で勉強するときのテクニック

 英語力を身に付けたい、何か資格を取りたい、そんなときまず頭に浮かぶのがTOEICです。非ネイティブスピーカー向けの英語能力テストであるTOEICは、リスニングとリーディングによる200問の試験で、満点990点を頂点として記録した総得点が認定されるものです。

 日本でもその浸透度は広く、年間数百万人が受験するほどの規模のテストですが、Bレベル以上である730点以上の得点を取るには、一朝一夕ではいきません。今回は、そのTOEICの勉強をどこまで無料でできるかをご紹介します。

TOEICの勉強方法

 TOEICで高得点を取るためのTOEIC対策の書籍や教材は、巷に次々と出版され続けています。英会話教材を扱う会社からはさまざまなランクに対応した勉強方法が詰め込まれたパッケージが発売されています。

 ものによっては数万円もするものもあり、TOEIC高得点を取るのは簡単ではないことがわかります。書籍や問題集に関してはブックオフなどで安く手にいれることができるでしょう。しかし無料ではないのです。

無料で使えるものとは

 TOEICを無料で勉強できる方法として考えられるのは、図書館を活用することです。ブックオフで本を買えばお金がかかりますが、図書館にあるTOEIC関連の書籍や英会話関係の書籍を活用すればお金をかけずに勉強できます。

 さらに、図書館には英字新聞や英語で書かれた洋書まで完備されているので、そちらを活用することは大きな武器になります。まさに初歩的な勉強からハイレベルな勉強法にまで無料で対応しているのが、公立図書館です。テレビも良いツールとして使えます。NHKなどの英会話番組などでを視聴することを心掛けること、インターネット上でも無料で行える問題集サイトもあります。

生活の中に英語を見つける

 高額な教材だけに頼らずとも、TOEIC対策はできます。それは普段の生活の中に、暮らしの中に英語を見つけることです。環境を英語にシフトすると言い換えてもいいでしょう。

 普段、通勤や通学時に歩く街並みのいたるところに英語がちりばめられていることが分かります。お店やビルの看板、交通標識、駅の構内など日本語と同時に書かれていることが多く、意識していないと見逃していることが多いものです。日本にいる外国人の人はこういった英語の標示を見ながら生活しているのです。そういった生活に英語を一体化させることを、私たちもしていくべきです。

 TOEICを勉強しようとしたり高得点を取るための対策をしようとすると、まず教材や書籍・問題集に頼ってしまいがちです。しかし、お金をかけずとも工夫しだいで無料でTOEICを勉強する方法はたくさんあるのです。初心者も上級者も身の回りの英語を意識しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する