1. 前職に連絡を取られても大丈夫なような面接準備の方法

前職に連絡を取られても大丈夫なような面接準備の方法

 転職の理由は人様々です。時には前職についてあまり触れられたくないという人もいる事でしょう。しかし、信用を重んじるような金銭を扱う会社や職種、警備業などに関しては前職調査が行われることも珍しくはありません。 

前職に連絡されても安心な面接の仕方 

 前職調査に怖がって面接を受ける事は、あまりお勧めできません。面接では、基本的に堂々と相手と話をした方が受かる確率は高まります。信用を重んじるような会社でない場合でも、時には「前職の上司に連絡を入れてもいいですか?」と面接にて問われる事があります。

  しかし、それは大抵「履歴書や今言った事に嘘はありませんね?」という意味で聞かれます。そのため、大抵の企業では実際に前職に連絡するという事は稀でしょう。また、最近では個人情報を重んじる面も強くなっているため、ほとんどの企業では連絡を取る事はありません。 

 つまり、それに怯まず堂々と面接に受ける事が安心できるポイントです。 もちろん円満退職できるという事が一番好ましいため、円満退職を目指すに越した事はありません。なるべくこちらも前向きな気持ちで退職したという事を面接官に伝える事が大切です。 

 もし前の職場の上司に連絡をかけられたら 

 面接の時に詮索はしないと言っていたにも関わらず、時には前職の上司に連絡をするという会社もあるかもしれません。しかし、そのような会社にこれから就職したいとは思うでしょうか。このような会社は、人によってはモラルに反する会社と感じることもあるでしょう。 

 そのような場合には、無理にその会社に就職しようとせず他の会社にあたってみる事も対処の方法として考えておきましょう。 ちなみに面接に経歴を詐称するような人が稀にいると思いますが、経歴詐称を行えば前職調査が無くても必ずいつかはばれてしまいます。 

 例えば、前職へ問い合わせした際や退職証明書、年金手帳、雇用保険費保険証、源泉徴収票などからばれてしまう場合もあります。他にもばれてしまう要因として、人からの情報があります。取引先の担当者が前職で知人だった場合や同級生がいた場合、知人がさりげなく口にした事から偶然ばれてしまう事などがあります。 

 これは、学歴や資格歴にも同じ事が言えます。学歴や資格歴は前職について問われる事は少ないかもしれませんが、証明書を見せる場面に出くわした場合には、やはり必ず露見してしまいます。履歴書での経歴詐称はやめましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する