1. パーティーなどで英語のスピーチをする時に使える「出だし」のフレーズ

パーティーなどで英語のスピーチをする時に使える「出だし」のフレーズ

 ここでは、英語のスピーチの出だし部分で使えるフレーズについてご紹介します。スピーチの出だし部分には、どのような英語のフレーズがあるでしょうか。司会進行者や主催者など、誰かが紹介してくれた場合にはその紹介者への挨拶から始めるのが普通です。

 誰かから紹介されない場合、例えば会議などの場合には自ら会議の開始を伝える必要がありますので、その場合のフレーズについても見ていきましょう。最後に、聴衆者や主催者に対して感謝の気持ちを伝える際には使えそうなフレーズもあります。

誰かから紹介を受けた場合

 紹介された内容がごく簡単であった場合には、英語でもシンプルに"Thank you for your introduction."というフレーズが使えます。

 紹介内容が詳細であった場合や紹介してくれた方が、非常に重要なポジションの人の場合では、もう少しお礼の気持ちを伝える必要があり、その場合には"Thank you very much, Mr./Ms. xxxxx, for your kind introduction."というフレーズが使えます。

スピーチの開始を自ら伝える場合

 会議などの場合でカジュアルな状況では、"OK, shall we start?"や"OK, let's start now. "が使えます。

 カジュアルな場面ではなく、きちんと伝えるシーンでは、"Ladies and gentlemen, shall we start?"と少し格調のあるフレーズが使えます。会場がまだざわついていたり、こちらに注目して欲しい場合には、"Excuse me, may I have your attention, please?"と、すみません、ちょっとこちらにご注目くださいと言っても構いません。

聴衆者や主催者に対して感謝の気持ちを伝える場合

 本日は来ていただいてありがとうございます、という感謝を伝えるフレーズとしては"Thank you very much for all coming today."が良いでしょう。

 また、スピーチの招待を受けた場合で主催者側にお礼を伝えたい場合には、"Thank you very much for inviting me to speak to you today."というフレーズが使えます。その後自己紹介を行う場合には、"Hello everyone, my name is ~, I would like to introduce myself."というフレーズが使えます。

 英語のスピーチの出だし部分では、上記のようなフレーズでまとめると良いでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する