1. 英語でスピーチをする時に使いやすい話題

英語でスピーチをする時に使いやすい話題

by hetgallery
 英語でスピーチをする機会が増えています。スピーチは大体の場合は初めから話す話題が決まっていますが、中には自分で話題を決めないといけないことや空気を和らげるためにちょっとした話を挟みたいこともあるはずです。今回はそんな時のために英語でスピーチをするときに使いやすい話題を紹介します。

母国である日本の話題

 英語でのスピーチとは英語を理解する人々に向けて話をすることです。その場にはアメリカ人やイギリス人、中国人に韓国人など様々な国の人がいるでしょう。そんな中で周りからのあなたの第一印象は「日本人」ということになります。なのでまずは日本人であることをネタにした話題を考えてみてはいかがでしょうか。

 ビジネスでの最近、もしくは過去の日本の逸話や2020年開催予定のオリンピックの話など、世界の中での日本を話題に取り入れてみてはどうでしょうか。車や桜など、外国人にもなじみのある日本の話題もよいでしょう。自国の文化を上手に話すことができれば、身の回りのことをきちんと理解している人だという評価も得られます。

自分の休日の過ごし方

 自分のことを相手に知ってもらいたいのなら、休日の過ごし方を話すのも有効です。休みの日にはどんなことをしているのか、行きつけのお店はどこなのかなど、堅くなりがちなビジネスの場に適度な生活感を演出できます。趣味や特技を話すというのもよくありますが、それよりも実際の休日を切り取ってそこに趣味の話を散りばめた方があなたという人間に親しみを感じてもらえるでしょう。この時も日本ならではの文化を紹介できれバサラに聴き手の興味を引くことができます。


 英語のスピーチに慣れていない人はまず日本語で内容を考えて、それを英訳して発表原稿を完成させましょう。ちょっとくらい文法に間違いがあったり、作った英文が中学英語の教科書レベルのものでも構わないと思います。スピーチで大事なのは上手な文章ではなく、聴き手に魅力のある内容です。大体の意味さえ伝わればいいや!という思いで大胆に原稿を考えましょう。それよりも大事なのはスピーチの内容です。場の空気を想定して、その中で相手が知ってよかったと思える話題を盛り込めるかどうか考えてみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する