1. 面接を辞退するときの連絡のマナー

面接を辞退するときの連絡のマナー

 複数の企業の選考を受けるのはよくあることですが、その際には選考の日程が被ることがあります。そこでしなければならないのが面接の辞退です。先方に対して失礼になることはもちろんですが、それでも少しでも誠意を持った辞退をするにはどうすればいいかを紹介します。

やはり電話が妥当

 面接を断るときはどういった方法が無難でしょうか。直接話したくないという思いから、ついメールで面接辞退の連絡をいれたいと思ってしまいます。しかしリアクションを受け付けないメールでのネガティブな通知は相手にとって不快なものです。やはりもっとも誠意を伝えられるのは電話で直接伝えることです。確認されたか分からないメールとは違い、電話なら確実に意思を伝えることができます。

きちんと誠意を持って謝る

 辞退を伝えるときには、やはり誠意を持って謝ることが大切です。できる限り理由を詳細に話し、先方には感謝しているという旨を伝えましょう。また、辞退の理由については、もちろん正直に話すのがベストではありますが、わざわざ企業名を出してまで伝えなくてもいいかもしれません。昨今の就活事情では辞退はあまり珍しいことではないので、あまりひどい怒られ方をすることはないでしょう。


 もちろん先方の人柄や企業の状況によってとるべき対応は変わってくるでしょう。今までは学生でもこれからは社会人として対等な立場になるという気概を持って、失礼のない連絡をしてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する