1. 言い訳をしないでキレイに面接の日程変更する時のポイント

言い訳をしないでキレイに面接の日程変更する時のポイント

by peddhapati
 企業から指定された面接の日に用事が入っているということも、就職活動をする場面においては珍しくはありません。 指定された日がだめであるならば、きちんと理由を伝えれば日程を変更してくれる場合もあります。日程変更をする際に、相手に言い訳をする事なく綺麗に断る方法についてご紹介します。

日程変更を伝えるときのマナー

 面接の指定された日がだめだと分かったらすぐに人事部へ連絡を入れることが大切です。日程の変更の場合には、連絡が遅くなるほど沢山の人達に迷惑をかけてしまうからです。ツールとしては、メールではなく電話の方がオススメです。特に面接日が迫っている場合には、お詫びの気持ちも兼ねて自分の口頭にて相手に気持ちを伝えた方が誠意を感じさせることができます。

 電話をかける場合には、まず挨拶をし突然の連絡に対する謝罪をします。その後に自分の名前を名乗り、「お時間は宜しいでしょうか」と相手の様子を伺いましょう。担当者が不在な場合はいつ頃なら大丈夫かを確認し、メモをすることが必要です。担当者と話すことができれば、まずは選考に対する感謝の言葉を入れます。「先日は選考にお呼びいただき、ありがとうございました。」「選考のご案内をいただき、大変うれしく思っております。」などです。その後急に「日時を変えてください」というのは失礼です。ここでは理由を伝えることが大切になります。なぜ日程変更を希望するのか、理由をきちんと伝えましょう。用件が済んだら最後にはお礼を言い電話を切ります。

日程変更の際の上手な理由の伝え方

 面接を変更をしてもらわなくてはならない場合の理由を伝える時に知っておきたいのが、企業は嘘に非常に敏感だということです。嘘をつく時にもっともよく使われるのが体調不良ですが、これは見破られる可能性が高いです。そのため、日程を変更してもらう際には「都合が悪くなったので日程を変更していただけないでしょうか」とシンプルに理由をつけることが一番良いでしょう。言い訳しようと考えれば考えるほど複雑に考えすぎてしまい、相手に嘘だとばれやすくなってしまいます。

 また、日程変更の理由が面接の場合には正直に言わない方がいいかもしれません。「他社の面接が入ったので他の日に変更してもらえないでしょうか?」というような理由だと、相手の会社よりも大切な面接があるということになり、相手に対して失礼です。

 面接官は詳しい理由を求めているわけではありません。言い訳をするでも何でもなく、極力自分のプライベートな部分を出さずに上手く断るということが大切です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する