1. 勉強計画を立てる前に見ておきたい簿記の資格取得にかかる時間

勉強計画を立てる前に見ておきたい簿記の資格取得にかかる時間

 簿記は会社の会計の基本的な知識のことです。簿記を勉強しておくと会社の基本的なお金の流れがわかるので、経理業務に従事していなくても知っておいて損はありません。しかし簿記は初心者には少しハードルを高く感じるものです。初めての人でも計画が立てられるように、ここでは目標にするべき級の決め方と、それぞれにかかる勉強時間を紹介します。

初めてなら3級、実践的な知識が欲しいなら2級

 簿記といえば一般的に日商簿記のことです。まずは日商簿記のどの級を目標にするのか決定しましょう。日商簿記の3級は「簿記とは何か」ついての一般的な知識を、2級はもう少し具体的な内容を勉強します。まずは初心者レベルを確実にしたいなら3級を、もう少し踏み込んだ一通りの簿記の知識を得たいのであれば、2級までの内容を勉強しましょう。

 3級は初心者、2級は実践的な内容ですが商業簿記に関しては内容が重複している部分も多く、2級のほうが複雑にはなっていますが難易度が高くなるというわけではありませんので、3級と2級を分けて考えずに続けて勉強するほうが内容が頭に入ります。2級のほうが具体的なので、人によっては3級よりも易しく感じるかもしれません。日商簿記は6月、11月、2月と年に3回の試験があるので、これに合格することを目標に計画を立てるとだらだらせず、メリハリがつきます。

3級なら2時間の勉強で2か月で合格可能

 まったくの独学であっても3級は初心者レベルですので、3級からステップアップしていけば2級も独学での合格が可能です。3級は大手通信講座では105時間と想定してあるので、1日1時間で15週間必要になる計算です。1日2時間程度を勉強できるなら、2カ月もあれば合格まで持っていくことが可能です。

 2級は内容が具体的になる分、勉強量が大幅に増えるので一概に何時間やれば合格できるとは言えませんが、3級と2級の商業簿記は内容がかぶっているので取り組みやすく時間を省略できる部分もたくさんあります。6月の試験に合格したあと、11月の試験までに同程度の時間を取れるなら2級も合格圏内に持っていくことは可能です。


 いかがでしょうか?簿記がどのようなものなのか全く分からない人はとりあえず3級のテキストに目を通してみてはいかがでしょうか。以上の目安時間を参考に、自分のあった勉強計画を立ててください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する