1. 転職で有利になるのはどんな経験?転職市場で好まれる人材

転職で有利になるのはどんな経験?転職市場で好まれる人材

 最近では転職もマイナーな手段ではなくなってきました。しかし、転職で採用されるのは簡単ではありません。今の会社を飛び出しても自分を拾ってくれる会社があるのか、心配に思っている人も多いでしょう。どのような人材が転職市場では好まれているのでしょうか?

転職市場で好まれるのは中小企業経験者

 転職市場ではなによりも実行力が評価されます。転ですから大企業で細分化された仕事をこなしている人よりも、中小企業や零細企業であらゆる仕事を経験している人材のほうが好まれるのです。現場や実力主義にもまれてきた人の方が実行力重視の世界では重宝されます。

前の職場で努力していた人

 さまざまな業務に携わって総合的な経験を積んだ人が転職で有利になります。したがって逆説的になるようですが、転職を有利に展開するためには今の会社でさまざまな仕事を取り組むことが大切になってきます。いろいろな仕事に挑戦させてもらえるような姿勢を見せることも大切です。また上司からの指示がなくても業務上の改善点を出したり、新しいアイディアを出す取り組みをしていくことが重要になってきます。もっと具体的に言えば会社の問題点を見つけ、それを改善していくといったようなリーダーシップを身に着けることです。転職市場でも主体性やリーダーシップがある人が好まれます。

最後に

 転職することは悪いことではありません。転職によってキャリアアップをしていくことは今の時代で大切なアプローチです。しかしそれは今の職場に見切りをつけることではありません。今の職場で最大限キャリアアップをして、そこで限界を感じた先にさらなるステップアップの道があるのです。今の職場での仕事に意欲的に取り組むことが転職先で結果を残すためにできることなのです。


 いかがでしょうか。転職を考えている人は、今の職場でやっていることや思っていることを記録に残しておくとよいかもしれません。転職の際のアピール材料にもなるし、転職先を選ぶ時の判断基準にもなってくれるからです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する