1. 【失敗は緊張から?】面接を恥ずかしがらずにリラックスして受ける方法

【失敗は緊張から?】面接を恥ずかしがらずにリラックスして受ける方法

 面接は誰でも緊張するものです。失敗しないか、恥をかかないか、考えれば考えるほど不安は広がっていきます。そんな気持ちで面接に臨んでも上手くいくはずがありません。
多くの本で、話し方や伝え方などのテクニックが紹介されていますがそれ以前に恥ずかしさや、失敗を恐れない心を持つ必要があります。ここでは強い心で面接に臨むための秘訣を紹介します。

身だしなみを整えてモチベーションを上げる

 これは非常に効果的の手法です。面接は志望者の話し方だけを見ているだけではありません。見た目や雰囲気も評価の対象です。ここで違和感を与えてしまった場合、話をまともに聞いてもらえない可能性もあります。まずはワイシャツにアイロンをかける、スーツのサイズ感を確認する、時計をつける、髪を整えるなどの最低限のマナーを守るようにしましょう。

 逆に言えば、身だしなみさえしっかりしていればそれができていない志望者に一歩差をつけたことになります。そう考えれば少し心に余裕ができ、リラックスして面接に臨めるでしょう。もちろん、清潔な恰好はそれだけで本人にも周りにも安心感を与えます。事前に準備できることはしっかり準備しておきましょう。

選ばれているという精考えを捨てる

 まず、面接で「落とされる」という考えを捨てましょう。仮に落とされたとしてもそれは、あなたのせいではありません。あなたの魅力に気付けなかった企業がいけないのです。あなたが入ることで生まれるはずだった利益を企業は逃したのです。少し極端ですが、これぐらいの気持ちでいてもよいでしょう。

 面接の時には、なぜあなたがその企業を選んであげたのかを伝えればいいのです。入らせてくださいではなく、私が入ったらこんなに得するのに落としていいんですか?という心構えで会話をするのです。とはいっても、敬語や最低限のマナーは忘れないようにしましょう。

面接の前に必ず人と話をする

 面接の前には面接で話すことを暗記しようとするのではなく、周りの人と会話してみてください。できるだけ知らない人と話すのが良いでしょう。初対面の人との会話に慣れておくことで、面接での緊張も緩和されるはずです。とは言っても、明らかに会話を拒んでいる他の志望者に無理に話しかけるのはやめましょう。会場近くのコンビニにいる人や暇そうにしている社員など、声をかけても問題なさそうな人と気晴らしに会話してみてはいかがでしょうか。


 面接で緊張するのは当たり前のことですがあまりガチガチしていると、面接官にストレス耐性のない人間だと思われてしまいます。これらの方法で恥ずかしいという思いを捨てて、気軽に面接を受けてみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する