1. KPIを使って自社サイトの分析をする時に必ず盛り込むべき項目とポイント

KPIを使って自社サイトの分析をする時に必ず盛り込むべき項目とポイント

 現在、ほとんどの企業が自社サイトを構築し、様々な形でその自社サイトを活用されていると思います。自社サイトで商品やサービスを販売している場合もありますし、販売は営業による顧客との対面販売でも、会社の存在価値をサイトで訴えている場合もあるでしょう。

 いずれにしても、サイトを構築しているからにはやはり何らかの目標を立て、サイトを有効に活用したいところです。ここでは、自社サイトをより活用するためにはどのような項目のKPIを設定すればよいか考えてみます。 

目的(KGI)を設定してKPIの項目を考える

 KPI(重要業績評価指標)とは、目標を達成するために設定した指標の中でも特に重要と思われるものを指します。つまり、KPIを設定するということは何らかの目標があるということです。 

 目標がないところにKPIは存在しません。そして、その目標は具体的でも漠然としていてもかまいません。まずは自社サイトの何をどうしたいのかという目標(KGI)を立てましょう。例えば、とにかく新規閲覧者を増やして会社の認知度を上げたい、新商品の購入を促したいなど現時点での経営戦略に基づいたものであれば、何でも構いません。そしてKPIとして使用する項目は、KGIが決まってから設定しましょう。 

KGIを達成できる具体的なKPIの項目を設定する 

 KGIができたら、今度はいよいよKPI項目の設定です。KPIを設定する最大の秘訣は「数値化できるものであること」ということです。なぜなら、KPIは目標達成のための進捗を示す指標だからです。したがって、これが漠然としていると指標としての役割を果たさないのです。 

 例えば「新規閲覧者を増やして会社の認知度を上げたい」という場合は、新規閲覧数を高めるための指標となる数値項目は何かということを考えます。最も考えられるのは、検索エンジンからの新規閲覧者数ということになるでしょう。認知度の高まりは新規で検索する人の増減で判断できると考えられるからです。検索エンジンからの閲覧数が増えなければ、例えばその企業に興味を持つ層が多く見るメディアに広告を打つなど、次のステップにつなげることができます。したがって、この場合のKPI項目は「検索エンジンからの新規閲覧者数」です。 

 また、同様にして「新商品の購入」であれば、トップページの閲覧数に対する新商品紹介ページの閲覧数割合や、新商品紹介ページのコンバージョン率などがKPI項目の候補です。トップページから新商品紹介ページへの移動率が低ければ、トップページの新製品紹介が弱いことになるし、製品紹介までは移動してもコンバージョン率が低ければ、商品そのものの魅力がないということが分かるからです。すると、こちらもトップページの刷新や新商品の見直しなどの対策が見えてきます。 したがって、この場合のKPI項目は、「トップページの閲覧数に対する新商品紹介ページの閲覧数割合」と「新商品紹介ページのコンバージョン率」です。

 KPIは、その考え方と設定する項目さえ正しく判断できれば、その進捗が見えにくい目標も可視化できるようになる便利な指標です。ぜひサイト分析に役立てて状況に沿ったKPI項目を見つけ、最短で目標を達成できる指標として活用してください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する