1. 面接官に対する逆質問の目的を達成するためにすべき3つの質問

面接官に対する逆質問の目的を達成するためにすべき3つの質問

by so-oh
 面接の最後に必ずといっていいほど聞かれるのが「何か質問などはありますか」という逆質問です。実際この質問には、あなたが会社について調べただけでは分からなかったことを知る目的と、最後に自己PRをしてもよいですよという面接官の目的があるのです。そこを押さえた逆質問が出来ればあなたの印象はグンとよくなります。ではどのような質問がいいのでしょうか。

1. 社内見学の申し出

 面接の最後に、差し支えなければと一言添えて社内を見学させて貰えないか聞いてみましょう。この質問にはあなたの積極性をアピールする目的と、実際あなたがその会社に入社してもよいかを見極める目的があります。また、事前に社内の人に会っておくことで、就職が決まった時に積極的な人物として好印象で迎え入れられやすいです。

2. 再自己PR

 もし面接で緊張して自己PRや志望動機が上手く伝えられなかったと思った場合は是非再PRをしましょう。面接官の方に、緊張していたので今一度自己PRをしてよいか確認をとり(まず普通は断られません)自己PRをして下さい。最初に一度述べていますので、やや緊張がとれた状態で再挑戦できます。逆質問は会社のことについて聞くだけでなく、何かあなたから伝え残したことがないのかを確認するという面接官の目的もあるのです。そのことを汲み取り自分を再アピールできれば、面接官はあなたのやる気を高く評価してくれるはずです。

3. HPに載っていないことを質問する

 ホームページや会社案内を見ただけでは分からないことを質問することで、あなたが企業研究がよく出来ていることをアピールできます。逆に言えば、調べればわかるようなことを質問してしまうと企業研究が不十分と思われてしまいますので、有意義な質問が出来るように企業研究は念入りに行って面接官への質問をまとめておきましょう。

 いかがでしょうか?こちらからの質問からも面接官はあなたがどのような人なのかを判断しています。きちんと逆質問の目的を達成できるように準備をしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する