1. 絶対に覚えたい!ビジネスでよく使う英語のイディオムとその覚え方

絶対に覚えたい!ビジネスでよく使う英語のイディオムとその覚え方

by Ed Yourdon
 イディオムとは、熟語や慣用句の事を言います。英語をはじめとする外国語では、イディオムを覚える事で相手とコミュニケーションをとる能力が格段に上がります。ここでは、特にビジネスのシーンでよく使うイディオムについて紹介していきましょう。

ビジネスシーンでよく使うイディオム

 イディオムで使われる単語は、日本でも中学で習うような簡単なものも多くあります。しかし、イディオムになることでもともとの単語の意味が消えてしまうため、そのままだと理解出来ない場合も多々あります。今回はビジネスシーンで使われるイディオムをいくつかあげておきます。よく使うイディオムは事前に覚えておく事でコミュニケーションの幅を広げる事が出来ます。

「walk the talk」きちんと実行する
「cut off」中断する、さえぎる
「in the black」黒字
「air cover」上司等からのサポート
「cold call」電話を使ったセールス
「lance the boil」問題を解決する
「bear out」裏付ける
「draw up」(契約書等を)作成する
「buy out」買収する
「call back」電話をかけ直す
「icing on the cake」それほど重要でないが、あると見栄えのするもの
「red herring」嘘の情報
「ball park figure」簡単な見積もり
「right spot」難しい状況
「Ballpark Figure」おおよその数
「Call it a day」早めに切り上げる

 ここにあげたものはどれもすぐに使えるようなものばかりです。ぜひ覚えてみてください。

時短で覚える方法

 簡単に覚えてみてくださいと言いましたが、社会人になってから英語を覚える事は中々苦労することだと思います。学生のように時間があるわけでは無いので短時間で勉強する方法はないかと誰もが考えるのではないでしょうか。

 イディオムを身につけるためには、実際に英語を聞くという事がとても大切です。上記にあげた単語の音声があればそれを聞くのもいいでしょう。ない場合は、自分の声で発音したものを録音して聞くことを習慣にしてみてください。音声で聞く時は、できるだけその意味をイメージとして頭に思い浮かべるようにするとより脳に定着しやすくなります。また、周りに人がいない場合はシャドウイングするのも効果的でしょう。

 いかがでしょうか。今回紹介したもの以外にも使えるイディオムはいくつもあります。ぜひ、今回紹介した方法で覚えてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する