1. TOEIC全問を時間内に解くために実践したい3つの対策

TOEIC全問を時間内に解くために実践したい3つの対策

by yutaka-f
 TOEICは2時間で200問解くという難関な試験であり、かつそれに対応できる集中力が必要になります。高得点を狙おうと思ったら、少しでも時間のロスを減らすことが求められます。今回は、TOEIC問題を時間内で全て解くために対策をご紹介します。

自分の弱みを強化する

 TOEICを何度も受験していたり練習を積み重ねていくと、自分の弱みが分かってくると思います。低いスコアを高く上げることは、高いスコアを更に高く上げることよりは難しくありません。自分の弱点パートが分かったら、そこを徹底的に勉強しましょう。TOEICの参考書はパートごとに分かれているので、苦手なパートだけを集中的に勉強することができます。これだけで苦手なパートをの回答スピードが上がり、他のパートにも余裕が出てきます。

分からない単語や文章で立ち止まらない

 リスニングやリーディングの中で、分からない単語が出現したり文章自体の意味が分からないときに、そこで立ち止まったりしていませんか?これは大きな時間のロスとなります。分からない単語が出てきたときにそこだけにこだわるのはやめましょう。リスニングだったら再視聴は不可能なので捨てることになりますが、リーディングだったら文脈で想像できるかもしれません。

難問は捨てる

 問題を読んで、「これは難しい」「答えを出すのに苦戦しそうだ」と思ったら、その問題を捨ててください。難問を必死に考えることに時間を費やすよりも、分かる問題を一つでも多く、そして早く解くことがTOEICでは全問回答のコツとなります。ただ、捨てるというのは空欄にするということではありません。そのような問題が出たら常に回答は「A」にする、などと最初に決めておいても良いでしょう。

 時間との戦いのTOEICですが、このような小さな対策を行うだけで、時間内の全問回答が可能になり、結果スコアアップにつながります。ぜひ実践してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する