1. 「英語のライティングが難しい…」と感じる人のための上達方法

「英語のライティングが難しい…」と感じる人のための上達方法

by woodleywonderworks
 日本語の文章を書くのでも一苦労なのに、英語の文章をライティングするのは、とても難しいことでしょう。しかし、ライティングもコツさえ掴んでしまえば、日本語の文章を書くよりも簡単。ここでは、ライティングのスキルを上達させる方法をポイントごとにみていきましょう。

もう一度文法を復習する

 文章を書くときの基礎となるものは文法。中学・高校のときに、英語の文法でつまづいて、英語が嫌いになっている人も多いでしょう。英語をライティングするときは、難しい文法などは必要ありません。

 リーディングで出てくるような、複雑な文章を書かなくても大丈夫。文法が苦手な人はまず、中学校で習う程度の基本的な文法をもう一度復習しましょう。書店に行って、一番薄い文法の本を選んで下さい。分厚い本を選んでしまうと、もうそれだけでやる気がなくなってしまいます。

英語の文章をとにかく書く

 小学生のころ日記を書いて先生に、添削してもらうということをやったと思います。日記は文章を書く練習に、うってつけ。何を書いたらよいか分らないという人も、日記ならば書けるのではないでしょうか。

 日記を書くときのポイントは、だらだらと長い文章を書くのではなく、短い文章を書くこと。一つの文章に2つも3つも意味を持たせてはいけません。複雑な文章ライティングするのは初心者にはとても難しいのものです。とにかく今日あった出来事などを英語で書いてみることです。ライティングするときは、

・正確な文法
・スペル
・一文は短く書く

 を常に心がけてライティングしてみましょう。


 
 ここでは、ライティングのスキルを上達させる方法を紹介してきました。母国語ではない英語をライティングするのは、非常に難しいこと。しかし、英語は分ってくると意外と単純な言語です。最初は、短い文章をたくさん書いて、英語に慣れることから始めてみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する