1. 面接で自己PRをするときの受け答えの注意点

面接で自己PRをするときの受け答えの注意点

 面接で自己PRをするときには、あなたが話した内容について面接官が質問を挟んでくることが良くあります。中には想定外の質問をされることもあり、どのように答えればいいのか分からないという人もいるでしょう。ここでは面接の受け答えの際の注意点を紹介します。

簡潔に答える

 人事からの質問には一つ一つに目的があります。それに沿わない答えをダラダラと話しても何の意味もありません。さらには、物事を簡潔にまとめる能力のない人材だと思われてしまいます。質問には簡潔に的確に受け答えするということを肝に銘じましょう。面接に限らず、された質問に的確に答えられるというのは仕事を続ける上でなくてはならない能力の一つでもあります。特に面接の際には重要な判断基準となるので注意しましょう。

企業が求める人材と自分の共通点を強調する

 面接では自分をアピールしたいあまりに空回りし、最終的に何を得意としていて採用後どんなメリットがあるのかがハッキリしないことが良くあります。自分の特徴や能力を最大限に伝えることは必要ですが、企業側からすれば必要な人材像はあらかじめ決まっています。そのイメージに添う人材でなければ採用されるはずがありません。なので、企業の求めてる人物像と自分の得意とすることの接点に的を絞ることが重要です。その上で自分の伝えたいことに優先順位をつけ、受け答えするようにしましょう。

質問を先読みしない

 次の質問を先読みしながら回答するのは、質問とは関係のない話をすることになってしまい、不快感を与えてしまいます。受け答えをする際には質問されたことだけに的確に答えるようにしましょう。


 いかがでしょうか?ここまで面接での受け答えで気をつけなければならないことをいくつか紹介しました。面接は今後の人生を左右する大きな一歩ですから、緊張するのは当然のことだと思います。しっかりと事前準備をし、担当者とは会話をするつもりで面接に臨むことが成功のカギとなるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する