1. 英語のライティングスキルを上達させるために取り入れたい3つの勉強法

英語のライティングスキルを上達させるために取り入れたい3つの勉強法

by [cipher]
 英語のライティングを上達させることは、特に海外とやり取りをする業務に携わっている人には必須だと言えます。では、具体的にどのような勉強法が効果的なのでしょうか。

他の人の書いた文章を読む

 他の人が書いた文章を読むことほど、ライティングの勉強に効果的なものはありません。雑誌でもウェブでも何でも良いです。自分の好きなジャンルを選ぶと継続しやすいでしょう。ライティングのスタイルや表現法は筆者によって異なり、それが自分のライティングスキルを上達させる上で非常に役に立ちます。ここでぜひとも選んでほしいのは、自分が真似したいと思った文章です。その中でも、ネイティブスピーカーの書いたライティングを読むと、ネイティブ独自の表現を学ぶことができるのでおすすめです。

文法力と単語力を強化する

 レベルアップした英語のライティングを書きたいのであれば、レベルアップをした英文法と英単語を習得することが必要です。上級者向けの参考書で文法の見直しをしたり、一日一つでも、知らない単語を学び実用しましょう。英語圏のビジネスでも、レベルの高いライティングにはそれなりのレベルの高い文法や単語が使われています。現在の文法、英単語のスキルに自信がない人は特に強化するように心がけてみてください。

接続詞を多く覚える

 接続詞とは「But」や「And」など文と文を結ぶものです。ライティングをしていると、つい何度も同じ接続詞を使ったりしてしまうもの。同じ接続詞が何度も文中に出てくると、しつこい表現になったり「他に違う接続詞は使えないのか」と読み手に思われてしまいます。英語のライティングの参考書などにも「接続詞一覧」が載っていたりするので、それらを参考にさまざまな種類の接続詞を駆使しましょう。例えば、「But」と同じような意味の接続詞に「However」があります。いろいろな接続詞を使うことによって、同じ言葉を繰り返さない、すっきりしたライティングになります。ただし「文頭にはこない接続詞」も存在するので、それらもしっかり覚えておきましょう。

 英語のライティングをさらに上達させるには、今よりも一歩踏み込んだ勉強をすることが大切です。他の人のライティングを読んで表現法を勉強したり、文法・単語・接続詞のさらなるレベルアップを図ることが、あなたの今までのライティングの質をさらに上げることになるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する