1. 毎日短時間で効果的なTOEIC対策をする方法

毎日短時間で効果的なTOEIC対策をする方法

 TOEICは、日本で人気の非ネイティブスピーカーを対象とした英語の試験です。年間10回も試験が行われることで非常に多くの受験者を誇る英語能力テストであり、英語コミュニケーション能力を認定する試験です。

 企業でも、このTOEICで認定された得点はある程度の評価される傾向にあるので、英語を使った仕事がしたいと思っている人は、このTOEICをぜひ受験したいものです。では、そのTOEICで高得点を取るために効果的な対策とはどういったものがあるのでしょうか。

毎日短時間で出来ることをやる

 TOEICに限らず大学の受験や他の資格試験でも、一朝一夕で大きな成果ができるということはほとんどありません。日々の小さな積み重ねが、後々の大きな成果に発展するのです。しかし逆に言えば、日々の小さな努力で大きな成果を上げることができる対策方法もあるということです。

 TOEICは学生だけでなく社会人にも人気の試験です。しかし、一日中仕事に追われる社会人にとって勉強に必要な時間を割くということは非常に難しいことです。そういう人が何ができるのかを考えましょう。

眠りにつく前の時間を確保する

 眠りにつく前にテレビを見たり、パソコンをいじったりする人は多いと思います。その時間をTOEIC対策に利用するようにしましょう。眠る前にテレビを見るのではなく市販の教材を利用して、英語のリスニングをすることはよいでしょう。

 この時は真剣に聞くのではなく、リラックスして聞き流すことが大切です。これを毎日10分から15分程度続けるだけでも、数カ月後には大きな成果となってあらわれてきます。

通勤時間を活用する

 その他には、日々の空き時間を活用するという方法があります。代表的なのは、電車での通勤時間など必要に割かれた手持無沙汰の時間です。20分から30分、長ければ1時間以上も通勤に時間を割くという人は、この時間をTOEIC対策の時間にあてることで有効な時間の活用ができます。

 携帯プレーヤーを持参してイヤホンからリスニングを聞いてもいいですが、音漏れや降り過ごしの恐れがあるので、どちらかというと電車内では読解用の教材を熟読するのがよいでしょう。

 毎日短時間でも効果的なTOEIC対策というのは、やりようによってはなんでも出来ます。逆にいうと、毎日小さな時間を費やして積み上げるという勉強方法の方が長続きにも繫がる上に効率も良いという場合もあります。

 ポイントは、眠りにつく前や電車内など一息つきたい時にリラックスしながら行なうということです。TOEICは、毎日コツコツとした勉強法が最も適した試験といえます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する