1. 人間関係が原因で転職するときの上手な理由の伝え方

人間関係が原因で転職するときの上手な理由の伝え方

 働いていく上で職場での人間関係はとても大切です。企業は組織ですので、仕事を一人でやるわけではなく、協力し合って行うことがほとんどでしょう。所属している組織の空気が肌に合わなかったり、人間関係が苦痛で転職を考えている人もいるでしょう。今回は人間関係が原因の転職で、転職理由を伝えるときに気を付けることを紹介します。

ネガティブな話し方はしない

 人間関係のしがらみが原因で転職を目指す多くの人が、前の職場に対して不満を持っていることでしょう。しかし、面接時にその不満を感じ取られてしまうと採用の足かせとなってしまう可能性があります。悪口を聞いて好印象を持つ人はいません。退職した職場であっても、なるべくけなすような話し方はしない方が良いでしょう。

前向きな視点に置き換える

 不満を感じた理由を別の切り口から話す工夫をすることで、面接官に対する印象は大きく異なってきます。例えば、「ほとんど会話もなく、お互いの仕事にも関心を持ってなかった職場でした」と伝えるよりも、「チームで協力し合い、助け合える職場で働けることを希望しています」など、前向きな視点から話すことにより、自身の問題解決能力を提示することにも成功するでしょう。

人間関係の話はしないのも一つの手段

 当人同士の人間関係を第三者に伝えることは非常に難しいことです。それが時間の限られている面接の中ですとなおさらでしょう。中途半端に伝えてしまうことにより、面接官から「本人にも原因があるのではないか」などと思われてしまう危険性も考えられます。不安を煽らないためにも、人間関係についてはあまり触れず、スキルやキャリアの向上などの前向きな姿勢を前面に出すのも一つの手です。


 いかがでしょうか。今回は人間関係のしがらみを理由にした転職の際に気をつけることについて紹介してきました。面接の際には、転職の理由を明確に伝えることは大切ですが、あまり正直すぎても問題となることがあります。言葉というものは、大きな影響力を持っていますし、プロである面接官にはその言葉からどういった人なのかがすぐに分かることでしょう。前向きで明快な言葉を選ぶことで、新しい仕事や企業により意欲的に捉えていることが伝わりやすくなりますので、そういった理由を準備して面接に挑むことが重要でしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する