1. 戦略を考えるために参考にすべき枠組みとその活用方法

戦略を考えるために参考にすべき枠組みとその活用方法

 企業が戦略を考える理由は、利益の向上や新しい事業の改革など、企業の成長が大前提で考えられます。事業の戦略は、企業存続の命運を分けるほど重要なものだと考えられています。

 戦略内容も様々であるためその枠組みも様々ですが、枠組みは戦略を練るためになくてはならないものです。それを認識することで、今後の企業の行く先を良い方向へ導くことが可能になります。ここでは、戦略を考えるために参考にすべき枠組みとその活用の仕方を下記に取り上げていきます。 

自社の強みと弱みの分析 

 企業の更なる向上のため、様々な戦略を考える上で重要な枠組みの1つは、自社の強みや弱みを分析することです。これは、競合社との比較の際にも必要な分析です。

 戦略を考える上で、弱みは補強し強みはさらに強化する必要性があります。強みや弱みの分析を行う方法として、SWOT分析(強み・弱み・機会・脅威)があります。これを活用することで、自社の強みや弱みを徹底的に分析し適切な解を導くことが可能になります。

 自社の適正把握

 人にも適正があるように、企業にも適正があります。戦略を考えるための枠組みとして、自社に適した事業領域を把握することが必要です。

 その把握を怠ってしまうと、事業を拡大するどころか無計画に新事業を推し進めてしまい倒産してしまうパターンも出てきてしまいます。まずやるべきことは、自社のターゲットにすべき顧客・技術の活用・機能の果たし方などをきちんと把握し、戦略を考えることが重要です。

マーケティング・リサーチ 

 経営戦略を考える上で欠かせない枠組みは、マーケティング・リサーチです。マーケティングとは、自社の商品・技術・サービスなどの価格・生産・宣伝などを全体的に検討することで、マーケティング・リサーチとはそれのために市場動向を調べることを言います。

 マーケティング・リサーチの方法としては、消費者に目的に応じたアンケートの実施・店頭で顧客のチェック・立地条件確認・試験的な販売実演などです。マーケティング・リサーチは、戦略を考えるために参考にすべき基本の枠組みなのです。 

 いかがでしたでしょうか。事業戦略は漠然と考えれば良いというものではなく、きちんと枠組み把握しその上で戦略を練る必要があります。それを参考にして、良い戦略を実行してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する