1. チームの戦略を考える上で考慮すべき4つのリスク

チームの戦略を考える上で考慮すべき4つのリスク

 ここでお伝えするリスクとは、事業において、チームで戦略を考える上で損失を被る可能性のことを言います。新しい事業に着手したり事業の内容を転換したりするなど、方針を変えてさらなる利益を生み出すために戦略は考えられるものですが、それに伴って起こりうるリスクも考慮しなければなりません。

 近年おいて、様々なシーンにおいてハイテク化と低コスト化が進んでいます。それも踏まえた上で、これからはチームの戦略を考える上で起こりうるリスクをしっかり考慮すべきです。

戦略における戦術不備によるリスク 

 戦略は、事業の方針を変えるために検討されます。そして戦略が決定されるとそれに伴って戦術が練られます。

 戦術とは戦略の具体的な方法を言いますが、それが明確に練られなければ事業の損失につながる可能性も大きくなります。戦略における戦術不備を避けることでリスクを回避することが可能になります。

事業の多角化のリスク

 戦略として事業を多角化することで、もし一つが躓いても他があることでカバーすることが可能になり、リスクを分散できるというメリットもあります。しかし多角化目的の戦略で、今までと全く違う分野のものに着手することを考えた場合、失敗の危険性も高いため大きなマイナスのリスクを伴う可能性が高くなります。

 多角化はリスク分散のメリットもありますが、事業分野をしっかり考慮する必要性があるのです。 

顧客満足戦略のリスク 

 近年の事業において、顧客満足を優先する戦略も多く見られます。顧客からの信頼も得ることができ、自社のイメージアップにもなってそれが大きな利益を生み出すことも事実です。

 顧客満足戦略において考慮すべきことは、過剰なサービスを行わないことです。過剰が理由で顧客離れが生じ、大きなリスクを生む可能性もあるため気をつけなければなりません。

宣伝や広告に伴うリスク 

 ハイテク化と低コスト化が進んでいる中、事業の戦略を考える上で宣伝や広告の使用も重要な方法の1つです。ただ使用する媒体(テレビ・新聞・雑誌・インターネットなど)によってコストに差が出てくるため、戦略段階でしっかり的を絞る必要性があります。

 宣伝や広告の効果の予測を怠ると莫大なコストばかりがかかって利益と比例しないというリスクも考えられるため、媒体や戦略は慎重に吟味しなければなりません。

  以上の4項目で、チームの戦略を考える上で考慮すべきリスクをお伝えしてきました。とはいえ、戦略を考える上ではどうしてもリスクは付きものです。対応策をしっかり検討した上で優れた戦略を立てて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する