1. 面接当日にでも効果がある「風邪」によるかすれ声の応急措置

面接当日にでも効果がある「風邪」によるかすれ声の応急措置

by visualpanic
 仕事の面接があり、以前からそれに向けての心の準備をしスーツもしわのないようきれいな状態にして…と全て万全だったのにも関わらず朝起きたら風邪で喉がやられてガラガラのかすれ声。こんな声で面接なんか受けたら、「体調管理ができない人だ」と思われてしまうかもしれません。

 ここまで来てそんなマイナスなイメージを与えたくない!というかた必見の、風邪によるかすれ声の速攻対策です。自宅にあるものや手軽に出来るものなので、医者にかかる暇は無いという方にはおすすめです。

ぬるま湯+塩、もしくはぬるい緑茶でのうがい

 声がかすれている、ということは、喉が細菌によってやられているという証拠です。まずはこの細菌を除去しましょう。塩や緑茶には殺菌効果があります。塩を溶かしたぬるま湯、もしくはぬるめの緑茶(濃い目に作ることをおすすめします)で数回うがいをしてください。うがいをするときは、「ヲーー」という感じの重い声の出るうがいがおすすめです。喉を洗浄しているような感じです。飲み込まないように気をつけてください。

 この緑茶、または塩効果によって、喉にくっついている細菌は除去されイガイガが楽になり、その後喉に爽快感を感じるでしょう。症状に気づいてからすぐに、そして面接の時間までに数回行うことをおすすめします。

緑茶+ハチミツ

 緑茶とハチミツの組み合わせは、喉の不快感とかすれ声の応急措置になります。これは、緑茶の殺菌効果に加えてはちみつの喉を潤す効果を利用する方法です。アメリカなどでは、喉が痛くなったらハチミツをそのまま舐めるという風習があるほど、ハチミツは喉のかすれには効果的です。緑茶を作りそこにハチミツを入れて飲んだり、それを水筒などに入れて飲みながら面接会場まで行っても良いです。

のど飴

 定番中の定番ののど飴です。もし自宅に無い場合は、面接会場に行く際にでもコンビニなどに立ち寄って買って行くと良いででしょう。のど飴も今は沢山の種類があるので、かすれ声に効果があるものや、風邪による喉を潤してくれるものを選んでください。面接直前まで舐めていられますが、間違っても面接中にのど飴を舐めていることのないように十分気をつけてください。


 風邪によるかすれ声の応急措置は身近に沢山あります。「面接の日に限って…」と嘆かずに、まずは症状に気づいた時点ですぐに身の回りの物で応急措置を行いましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する