1. 退職する時のスピーチで感動させるために知っておきたい3つのポイント

退職する時のスピーチで感動させるために知っておきたい3つのポイント

退職する時のスピーチで感動させるために知っておきたい3つのポイント 1番目の画像

 ビジネスにおける節目にやってくる「別れ」。企業勤めの人ならば、誰かしらの退職シーンを見たことがあるだろう。

 退職時には、皆の前でお世話になったお礼や今後の進展などを話す機会が与えられる。

 今回は、そんな退職時のスピーチで感動してもらうための3要素をお伝えしたい。

退職時のスピーチで感動させるポイント①:失敗を語る

 ついやってしまいがちだが、退職時の挨拶で自らの功績を語るのはNGだ。

 ただの自慢話になってしまい、聴いている人にとってはあまり面白いものではないだろう。

【退職のスピーチ】聞く人に「あの頃」を思い出せる失敗談を語る

 一方で、退職時のスピーチでは、自らの失敗談が非常に効果的である。

 「新人の頃は、○○部長によく叱られて。毎日へこんでいたことを覚えています」などと、自らの失敗によって迷惑をかけてしまった人の名前を出すことも良いだろう。

 聞く人に「あの頃お前はそうだったよな」と当時の記憶をフラッシュバックさせるような話をしてみてほしい。その懐かしさに、きっと思わず感動してしまうはずだ。

【退職のスピーチ】失敗談を話すときはお世話になった人の顔を見る

 また、失敗談に登場する人物の顔を見ながら話すと、その場にいる人に“別れ”の雰囲気を伝えられる。

 失敗談を話す際には、お世話になった人の顔を見て話してみよう。

退職時のスピーチで感動させるポイント②:今後を語る

 もちろん退職するからには、それなりの理由がある。

 退職時のスピーチでは、理由をしっかりと伝えた上で自分が今後どうしていくのかを宣言しよう。

【退職のスピーチ】「会社で学んだこと」は具体的に話す

 
「この会社で、学んで○○ということを生かしていきます」と語る場合は、何を学んだのか具体的に伝えることが重要だ。

 退職する会社で何を学んだのか、どう成長したのかを具体的に話すことで、同じことを学んだ同期や仲間が、当時の経験を思い出すかもしれない。

 入社当時の思い出と退職するという事実がリンクすれば、胸に何かがぐっと込み上げ、感動の波が押し寄せてくるはずだ。


【退職のスピーチ】前向きな気持ちであることを伝える

 別れは確かに悲しいものである。

 しかし、自分は新しいステージにいくために退職するという、そんな前向きな気持ちを全力で伝えてみてほしい。

 そうすることで、お世話になった職場の同僚や上司たちも「自分たちも頑張らないと」という前向きな気持ちになるのだ。

 悲しい気持ちだけで終わらない、前向きなスピーチにすることを心がけよう。

退職時のスピーチで感動させるポイント③:台本は作らず、話すエピソードだけ決めておく

 退職のスピーチというシチュエーションでは、台本を用意したくなってしまうかもしれない。

 しかし、演出家でも文章のプロでもない人間が台本を作っても、感動は生まれないのだ。

【退職のスピーチ】台本は用意せずに自分の言葉をストレートに伝える

 退職のスピーチで感動してもらいたいなら、皆の前に立ったときに感じたことをストレートに伝えてみよう。

 たどたどしくても、話がまとまっていなくても、心に響く何かが伝わるはずである。

【退職のスピーチ】全く何も考えずにスピーチをするのはNG

 もちろん、全く何も考えていない状態で退職のスピーチを行うことや、当たり障りのない言葉でスピーチを終えるというのはNG。

 「あのエピソードを話そうかな」「○○さんにはお世話になったから話に出そう」など、事前に簡単な内容や話の大枠を決めておこう。

 話すエピソードなどを決めておいたら、あとは当日を迎えるだけだ。

 失敗を恐れず、お世話になった職場の人たち最後の挨拶をしよう。


 退職のスピーチは、「退職します」ということを伝えるものではない。

 “立つ鳥跡を濁さず”という言葉通り、きれいに退職を迎えるための一つの手段であるのだ。

 跡を濁さず退職するためにも、“感動させるスピーチ”は非常に有用である。

 台本に頼りたい気持ちもわかるが、感動を呼ぶためにはストレートな自分自身の言葉が必要だ。ぜひ本記事を参考に、聞く人を感動させる退職スピーチを行ってほしい。


転職でキャリアアップはできる!優良企業への転職なら「ランスタッド」

退職する時のスピーチで感動させるために知っておきたい3つのポイント 2番目の画像

 企業に勤めて長いが、なかなか年収が上がらず、実績に見合った評価をしもらえていないと悩んでいる人もいるだろう。キャリアアップを目指す上昇志向の高い人には、「ランスタッド」での転職をおすすめしたい。

 「ランスタッド」は、グローバルで年間約20万人の転職サポート実績をもつ「世界最大級」の転職エージェントだ。 

 「もっと年収をあげたい」「海外で活躍したい」「自分の経験やスキルを活かしたい」など、さまざまな要望にこたえて、適性に応じた求人を見つけることができる。

 20〜30代に向けた求人を国内外に豊富に揃え、転職事情に精通したコンサルタントがキャリアプランを考えてくれるため、転職成功率も上がりやすい

 キャリアアップを目指したい人は、一度「ランスタッド」に登録してみるといいだろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する