1. Facebookで企業が販売する商品の「販促効果」を高める方法

Facebookで企業が販売する商品の「販促効果」を高める方法

by Simon & His Camera
 Facebookを用いて商品を販売することを「Fコマース」と言います。Fコマースの方法は概ね2つのパターンがあり、一つ目はFacebook上で販売する方法、もう1つはFacebookを利用し販売を促進する方法です。

 Facebookを利用し、好感度を醸成することができれば、Facebook内に製品の販売のページを設けたり、既存のサイトに誘導することも出来るようになります。そのための方法について、ここでは記述していきたいと思います。

Facebook上で商品を販売する方法とは?

 Facebookで商品を販売するには、Facebook上に店舗を構えることと、Facebookポイントを使った方法があります。Facebook上で店舗を構えるメリットは、小さな企業やお店にとっても利用しやすいということ。また、システムを構築する必要もないため簡単に作成することができます。

 一方Facebookポイントを使った方法は、主にゲーム関係の会社になります。Facebookのプラットフォーム上で動作するゲームのバーチャルグッズなどの購入で利用される通貨のことをFacebookポイントといい、そのポイントで収益をえます。米国では逆に、このポイントをプレゼントするというキャンペーンも行っており、これも販促方法の一つと言えるのではないでしょうか。

Facebookを利用し、販促する方法

 Facebookを利用し、販促につなげる方法としてもっとも有効なパターンはFacebookクーポンを利用することです。Facebookクーポンは、Facebookのページの投稿を用い、クーポンや特典を配布できるサービスのこと。

 Facebookのページの管理人は、Facebookクーポンの特典、有効期限、利用条件などを細かく設定することが出来、ユーザーに配布することができます。このクーポンは、表示されたクーポンの「いいね!」ボタンをクリックするか、シェアすることで友人のネットワークにクーポンを広げる事ができるため、通常かかるクーポン雑誌への出稿などのコストをかけることなく、無料で大勢の方々にクーポンを広めることが出来、企業は多大なメリットを享受できるのですまた、地域や性別などを事前に指定し、ピンポイントでクーポンを配布することで、より効果的な販促に繋がることもあるでしょう。


 以上、Facebookで販売する商品の販促効果を高める方法を紹介してきました。自社のメリットのみを考えるのではなく、消費者のメリットもしっかり考えてあげることが販促をする上で大切なのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する