1. ベンチャー企業が資金調達で得た資金を運用する時に気をつけたいこと

ベンチャー企業が資金調達で得た資金を運用する時に気をつけたいこと

by Ed Yourdon
 ベンチャー企業の場合、ベンチャーキャピタルや、ファンドからの出資を受け、資金調達をすることがあるでしょう。そうした場合、多くの金額が手に入りますが、気をつけないと、会社の成功を失ってしまうことに繋がるでしょう。ここでは、ベンチャー企業が資金調達した資金を運用するときに気をつけたいことを紹介したいと思います。

「会社を運営する金額」に使わない

 もちろん、会社の存続のための資金調達というのもありますが、基本的に、資金調達を行うのは、人材を多く獲得したいときや、事業として、次のステップに進むときではないでしょうか。資金調達で得た金銭は、会社を運営する金額ではなく、会社をスケールアップするための資金になります。会社を運営するためというよりは、会社を大きくするために利用しましょう。

目的がある場合は遂行を

 目的をはっきりと示して資金調達を行う場合は、しっかりと資金調達した金銭は、その目的に利用しましょう。資金調達をするのは会社として、方向性を確認し、確実に達成すると成長することが明らかだからではないでしょうか。その点を意識し、目的に応じた資金の運用を行いましょう。


 ここでは、資金調達で得た資金を運用するときに気をつけたいことを紹介しました。資金調達した金銭は、しっかりと会社自体をスケールアップさせるために用いると、それだけ会社としてのスケールも上がります。しっかりと意識して、資金調達を行いましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する