1. 【法人・個人のケース別】1つのアプリを開発するのに必要とされている期間

【法人・個人のケース別】1つのアプリを開発するのに必要とされている期間

by kawanet
 個人がアプリ開発をするのであっても、法人がアプリ開発を委託するようなときであっても、一般的にアプリを開発するのにはどれぐらいの期間が必要なのかは気になる所ではないでしょうか。

 なぜなら、期間によって開発やアプリ展開の予定が組むことができるからです。そこで、今回はアプリ開発にかかる一般的な期間について法人と個人で分けて話していきたいと思います。

1. 法人向けの場合

 一般的に法人がアプリ開発を開発企業に委託する場合には、どれぐらいの平均期間がかかるのでしょうか?アプリの種類や内容にもよりますが、検索ツールやショッピング系のアプリは早くても1ヶ月、平均して大体3か月くらいが目安になります。

 その他のゲーム関係や、オークション、SNSの位置情報系、通話、メッセージ系のアプリなどは、種類によりますが大体、約半年ぐらいの期間が必要であると言われており、アプリによっては、1年以上開発にかかるものも存在するそうです。

 そして、アプリ全体の開発期間を平均して算出してみると、大体3〜4か月はアプリを開発するのに必要であると言われています。法人向けのアプリ開発は、かなりの時間と労力を要すると言えます。そのため法人向けのアプリ開発を依頼する際は、あらかじめあり程度の期間がかかることを覚悟したうえで作成を依頼しましょう。

2. 個人開発のアプリ

 個人が開発するアプリは、個々人の能力や開発ツールの使用、開発に回せる時間にもよりますので、簡単に言い切ることはできませんが、アプリの開発に慣れている人だと平均して2〜3週間で開発できるそうです。

 モノによっては1日かかるか、かからないかで開発できるものや、1か月くらいかかってできるものもあるそうですが、基本的に個人で開発できるアプリは、法人向けのアプリよりも簡単に作成できるものが多いので、時間はあまり必要としません。

 ただし、慣れていない人は開発までの平均期間がもっとかかるでしょうし、もっとアプリ作成が早く、時間も回せるような人はさらに平均期間は短くなるでしょう。そのため、ここで具体的に出した数字は、あくまで一般的な目安として参照程度にしておくのがいいでしょう。


  以上のように、アプリの作成期間はモノによって様々。この平均期間を参照にしながらアプリの受注、開発を検討してみて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する