1. 企業がクラウドサービスを利用するデメリット

企業がクラウドサービスを利用するデメリット

by Hyougushi
 パソコンやスマートフォンの普及もあり、クラウドサービスという言葉はここ数年で飛躍的に一般にも浸透してきました。そのため新たにクラウドサービスを利用し始める企業も多く見られるようになってきました。

 企業システムのクラウド化はそれほど簡単なことではありません。しかし、システムの管理や維持費用などを効率よく運用することにより、クラウドサービスを利用する多くの企業は、コスト削減などの金銭的メリットを享受することができるでしょう。

 メリットも多いですが、一方で今だデメリットもあります。デメリットを理解し、運用することで、クラウドサービスはさらに便利にスムーズに導入することができるようになってくるでしょう。今回は、企業がクラウドサービスを利用するデメリットについていくつか紹介していきたいと思います。

1. セキュリティの弱さ

 信頼できるセキュリティを選択し使っている場合は別ですが、そうでない場合の多くはセキュリティの甘さが問題となってくることが多くあります。情報が流出してしまった後ではもう手遅れになりますので、重要な資料などはクラウドサービスを使わずに、自社内のみで管理するなどの工夫が必要です。仮に全ての情報をクラウドで管理する場合は、信頼できるしっかりとしたセキュリティを敷くことでデメリットの解決に繋がるでしょう。

2. ネットワークの重要性

 クラウドサービスは全てネットワーク上で行える非常に便利なサービスですが、一旦ネットワークが停止してしまえば、復旧するまでは全く何もできないといった状態が予想できます。

 この問題を解決するためには、あらかじめサブのネットワークを管理し、メインのネットワークが停止した場合でも、新たなネットワークで繋げられるように準備しておくことが必要でしょう。これにより、長期間のサービスの停止を免れることができます。

3. クラウドシステム導入のコスト

 既存の企業システムを全てクラウドサービスに導入するためには、コストも時間も大きくのしかかってきます。これは企業システムが膨大であれば膨大であるほど比例して大きくなっていくでしょう。

 そのために導入を躊躇している企業も多く、ある程度の覚悟を決め、導入する必要が出てきます。しかし、導入した際のメリットと天秤にかけ、デメリットが小さいようであれば徐々に移行していくことをおすすめします。今後の状況を考えても、クラウドサービスの利用価値はますます高まっていくことでしょう。

4. まとめ

 今回は企業がクラウドサービスを利用するデメリットについていくつか紹介しました。上述したように、クラウドサービスの重要性は今後ますます大きくなります。現在導入を迷っている企業であれば、試用期間なども計算し、より自身の企業に合った形で導入していくのが良いでしょう。

 コストの削減や柔軟なネットワーク対応のメリットは、今後の世界の働き方にも大きく影響してきます。この記事を参考に、デメリットを意識しつつ、導入の検討をしてみてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する