1. 最速で成果を!新しい仕事に携わるときの覚え方のコツ

最速で成果を!新しい仕事に携わるときの覚え方のコツ

by paul bica
 これから配置転換などによって新しい仕事に変わるときには、今までにやったことのない仕事を携わることになり、不安が生じてしまうこともあるでしょう。そのため、不安を払しょくするためにも、出来る限り新しい仕事を早めに覚えられるようにしておくべきです。

 そこで、今回は不安を払拭するために、新しい仕事に携わる際の覚え方のコツについて話していきたいと思います。

1. 興味を持って要点を学んでいく

 まず、初めてのことについてはできる限り興味を持って、物事の要点を学んでいきましょう。何事にも、まずは興味・関心を持たなければ覚えていくことは苦痛になります。不安に思う点を強く感じてなかなか楽しめないかもしれませんが、新しいことには失敗は付きもの。ある程度は割り切って仕事をしていきましょう。

 その際に、新しい仕事の要点を早めに発見できると良いです。物事の要点さえ発見できれば、物事の応用がしやすくなり、細かい点を知らなくても仕事を進めやすくなります。

2. 今までの経験と結び合わせて覚える

 次に、新しい仕事に携わるときの覚え方のコツは、今までの経験や知識で結びつけられるものを、利用していくこと。新しい知識であっても、既存の知識や経験で結び付けられるのであれば、全く何もない状況からよりも知識を定着させやすくなります。

 具体的な知識の結び付けの方法については、自分の興味のある分野から無理にでも結び付けてしまうことです。ゴロ合わせなども記憶しやすいでしょう。覚える際にも、単に暗記するだけでなく、一工夫加えて覚えるようにすると良いかもしれません。

 以上が、新しい仕事に携わるときの覚え方のコツです。新しい仕事で更なる成果を上げて、自身の評価も高めていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する