1. 起業をすることによって背負わなければならないリスク

起業をすることによって背負わなければならないリスク

by Grand Parc - Bordeaux, France
 起業することを考えた時には、常にリスクを考えなければいけません。リスクを考えて行動することで、より起業が現実のものに迫るでしょう。ここでは、起業をすることで背負わなければならないリスクを紹介したいと思います。

起業自体が失敗してしまうリスク

 起業自体が失敗してしまうリスクはもちろん考えておかなければいけません。事業として失敗してしまうと、会社をたたまなければならない状況に追い込まれたり、個人として多額の借金を負うことになる場合もあります。

仕事の負担を負わなければならないというリスク

 起業というと、会社の下で働くよりも自由に働くことができるというイメージがありますが、実際はそのようなケースは稀です。仕事に対して、本当に24時間真摯に取り組まなければなりません。会社としての仕事を自分1人でこなさなければならず、自分の時間が減ってしまうというリスクも当然考える必要があるものです。

事業がスケールアップしていかないというリスク

 失敗よりも恐ろしいのは、事業がスケールアップしていかないリスクです。事業がスケールアップしていかないと、ずっと大きな負担を強いられながら働き続けなければなりません。また、賃金も年功序列で上がるということが無いため、ずっと同じ働き方を強いられる可能性があるということもリスクと言えるでしょう。


 ここでは、起業をするときに背負わなければならないリスクを紹介しました。リスクを知ることで、起業を目指す場合も、しっかりと現実を見定めて行動することができるのではないでしょうか。リスクを踏まえて起業を目指しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する