1. 経営戦略として事業の多角化を目指す場合の注意点

経営戦略として事業の多角化を目指す場合の注意点

by Felex
 経営戦略として、現在行っている企業の取り組み以外に多角化して軸を増やそうという取り組みをすることが有ります。事業の多角化はリスクを伴いますので、しっかりと注意して経営戦略を立てる必要があるでしょう。ここでは、経営戦略として事業の多角化を目指す場合に注意したいことを紹介したいと思います。

事業を多角化することのリスクを考慮する

 多角化経営をするときですが、まず、全く関係のない事業に乗り出すことは非常にリスクが高いということに注意しましょう。やはりノウハウや知識のある、関連事業に取り組むのが、多角化する場合はリスクが低いと言えるでしょう。また、多角化することで、事業の相乗効果が見込めるのかどうかを考える必要があります。

人材や資金の確保はできるのか考える

 会社として  事業を多角化するという事は、会社が2つ以上あるのと内部構造上は同じになります。人材や資金をゼロベースから用意することができるのかをよく考えておく必要があるでしょう。また、既存の事業から人材を異動させる場合は、反発が起きないようにしなければなりません。

企業理念とのマッチ

 企業理念と全く合わない事業に飛び込んでも、成功することは出来ません。たんに事業として利益が上がるから、と目先の欲にとらわれてはいけません。自分たちがその事業を展開する意義や意味をよく考える必要があるでしょう。


 ここでは、経営戦略として、事業を多角化するときに気をつけたいことを紹介しました。事業を多角化することは、リスクを伴います。しっかりと、考慮し、慎重に経営戦略を立てる必要があると言えるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する