1. 仕事でミスをした仲間に励ましの言葉をかけるときの内容の考え方

仕事でミスをした仲間に励ましの言葉をかけるときの内容の考え方

by Daniele Zedda
 仕事でミスをしてしまった仲間に声をかけるのは、勇気のいることです。間違えて傷つけてしまうこともあり、言葉をかける場合も、配慮が必要となります。ここでは、仕事でミスをした仲間に励ましの言葉をかけるときの内容の考え方を紹介したいと思います。

ミスに共感する

 ミスを共感してあげることで、自分だけでなく、ミスをする人はいっぱいいるという励まし方が挙げられます。失敗をすることは誰にでもあることだということを示し、一緒にミスについて考えてあげると、仲間もミスから立ち直ってくれるのではないでしょうか。

ミスを笑い話にしてしまう

 信頼関係をある程度構築している場合は、ミスを冷やかすのもいいでしょう。ミスをしてしまって一番つらいのは、ミスを誰もフォローしてくれず、話題にしてくれないことであるかもしれません。笑い話として、ミスを話題にすることで、気持ちが楽になることが期待できます。

ミスに触れずに次の仕事の話をする

 先ほどとは反対になりますが、ミスに触れずに、前向きな話を提案する方法もあります。とにかく落ち込んでしまい、無気力になっている場合は、この方法がベストです。しっかりと顔を上げて、仕事に復帰してくれるのではないでしょうか。


 ここでは、仕事でミスをしてしまった仲間にかける励ましの言葉の考え方を紹介しました。ミスをどう受け止めているかによって臨機応変に対応を変え、励ましてあげましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する