1. 男性の新入社員が名刺入れを選ぶ際のポイント【おしゃれに!でも年相応に!】

男性の新入社員が名刺入れを選ぶ際のポイント【おしゃれに!でも年相応に!】

by feelingplace
 社会人になれば必要になるものの一つに、名刺入れがあります。特に新入社員は挨拶の機会が多く、また名刺交換は初対面の人とすることがほとんどなので髪形や服装と同じように、名刺入れもあなたの一部として見られることが多いものです。派手だったり安っぽかったりすると、相手にあまりよい印象を残せない可能性もありますので、名刺選びは大切です。そこで今回は、男性の新入社員に名刺入れを選ぶ際のポイントについて紹介します。

1. 素材や色

 名刺入れの形はどれも殆ど同じですが、素材は違います。プラスチックから金属製、合皮、本革製まで様々ですが、名刺入れはいつも見られている外見とは違い、必要な時にだけ取り出すアイテムであるため、内面の一部として判断されることが多いものです。

 その点を踏まえると、プラスチック製や金属製は少し安っぽく見えるのでおすすめできません。革製品なら安っぽくは見られませんが、高級ブランド品のものを持つと生意気に見られてしまいます。相手によい印象を残すためには、新入社員としての年相応の見た目も大切です。

 色は派手なものは避けます。特に赤色は相手に警戒心を抱かせる色なので絶対に選んではいけません。黒か青といった落ち着いた色合いでブランドのロゴもさりげなく入れてあるもののほうが品よく見えます。ステッチの色が革と同じもののほうが、上品に見えますがステッチと革の色が違っていても、派手な色合いでなければおしゃれに見えます。固めの革製品は傷が目立つので、そこは注意が必要です。

2. ブランドについて

 ノーブランドよりもブランド品のほうが品のよい名刺入れがそろっています。かといって何万もするものを購入するにはためらいがある、年相応の値段がよくわからないという場合には店員さんに売れ筋を聞いてみるのもよいでしょう。予算があればその中から商品を選んでくれます。

 また、男性向けの名刺入れの中に欲しいものがないときはレディースブランドのほうに目を向けてみるのもおすすめです。女性ものの名刺入れであっても、男性が持ってもおかしくないデザインのものはたくさんあります。人とかぶりたくないという点でもレディースブランドは盲点になります。

3. まとめ

 毎日持ち歩き使うものですから、売り場で実際に手に取って選びましょう。そのときには手触りや使い心地はもちろんですが、収納枚数もチェックしておきます。たくさんの人と会う仕事をしていれば、名刺も枚数が必要になります。名刺交換のためにいざ取り出そうとしたときに、枚数が足りないということになっては大変なので、見た目だけではなくきちんと機能面もや手入れ方法もチェックしておくことが大切です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する