1. 転職を成功に導く方法 ——「転職回数が多い」というネガティブなイメージをプラスに変えるには?

転職を成功に導く方法 ——「転職回数が多い」というネガティブなイメージをプラスに変えるには?

by Zach Dischner
 日本では、昔から終身雇用制度を中心とした働き方が強く根付いており、それに伴って転職に対するネガティブな意見も多くありました。しかし、一度きりの人生で自分のキャリアアップのために転職が必要になるのもまた事実。一つの職場で満足できればそれも良いですが、業務を続けていく中で、自分の成長が感じられなくなってしまった仕事ほど大変なものはないでしょう。

 現在では、転職に対して積極的に支援するサービスも徐々に増えており、自分の可能性を試せる機会も増えてきました。しかし、転職活動では必ずと言って良いほど面接があり、何度も転職をしている人は面接で今回の転職に対する考えをしっかりと伝えなければ、不本意にも「長続きしない人だ…」というレッテルを貼られてしまい、マイナスなイメージを持たれてしまうでしょう。

 そうならないためにも今回は、転職する回数が多い場合でも転職を成功させる方法を紹介していきたいと思います。

転職は何度目からが多いと感じるのか?

 多くの企業の場合、20代では3回、30代では4〜5回ほどになると転職回数が多い人だと感じるようになります。現在では転職回数が多いからといって、面接自体を拒否されるケースは昔に比べて少なくはなっていますが、採用の際に「我慢の足りない人」や「人間関係に問題があるのではないか…」などの先入観を持たれてしまう可能性はあるでしょう。

 しかし、多くの場合は転職回数よりも就業期間が重要視されます。一つの仕事を長く続けている場合は色々な経験を積んでいるのだなと感じますし、極端に短いと不利な印象は避けられないでしょう。そのため転職を考えている人は、就業期間も意識して働くことが大切でしょう。

数回の転職理由を明確にする

 転職の際には、当然ですが転職理由を必ず聞かれます。その際に採用担当者が納得できるような明確で、伝わりやすい転職理由を用意することが重要。また、何度も転職していることについて聞かれた場合も、同様に明確な理由が必要です。この際に注意したいことは、同じ理由で何度も転職をしていないかどうかということ。

 例えばキャリアアップにしても、前回の転職と同じ理由で新たに転職をしていた場合、よほどのことがない限り「自己解決能力がなく、企業に依存してキャリアを積もうとしている」という評価を受けてしまいます。人間関係も同様に「協調性のない人」「対人関係に問題がある人」というレッテルを貼られてしまう可能性は高いでしょう。

 そこで重要なのは、転職毎に自身がどういった目的で転職を選択したかの明確な理由です。その理由によっては、転職の多さなどは全く問題にされることなく、転職を成功させることができるでしょう。



 いかがでしたでしょうか。今回は転職する回数が多い場合でも転職を成功させる方法について紹介していきました。

 実際の面接では、多くの職場で得たスキルや学んだことを自分の言葉ではっきりと伝えることで、採用担当者に対して経験の深さを伝えることができるでしょう。また、それを踏まえた上で、自身が何をやりたいのかも同時に明確にしておくと転職の回数が多くとも転職が成功する可能性は高くなるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する