1. SEO対策で知っておくべきクローラーの仕組みとは

SEO対策で知っておくべきクローラーの仕組みとは

by paul bica
 Webページなどを持つにあたり、様々なSEO対策をしている人は多いでしょう。しかし、SEO対策の基本としてクローラーの仕組みについて知っている人はどのくらいいるでしょうか?この基本的な仕組みを知っているかどうかによって、対策の在り方も変わってきます。そこで、今回はSEO対策をする上で知っておくべきクローラーの仕組みについて紹介していきます。

1. クローラーとは何か

 クローラーとは、ネット上に存在するWebサイトの文書や画像といった情報の収集をして、自動的に検索エンジンのデータベースに登録していく
仕組みになっている優れたプログラムのことを言います。クローラーの通信手段はHTTP/HTTPSプロトコルであり、世界中の情報でHTTP/HTTPSで取得できるものであれば、何でもデータベース上に記録することができます。

 クローラーによって、検索サイトでは、色々な情報が検索できるのであり、さまざまな検索サイトでこのプログラムは利用されています。しかし、クローラーによってなんでも検索されると言っても、各サイトはそのクローラーで蓄積された情報に優先順位をつけています。次にその点について、説明したいと思います。

2. クローラーの設定で検索結果が絞られる

 インターネット上のWebサイトはサイト同士をリンクで結ぶことによって広がっていきます。クローラーはそのリンクを辿ってサイト巡回をし、そこで得た膨大な量でかつ、新しい情報を検索エンジンに蓄積していきます。そして、Webサイトを巡回するのと同時にサイトの評価を行うように設定されており、閲覧者にとって、有益な情報を提供しているかどうかを判断します。

 検索者にとって負担になったり不利益な情報を提供することになると、検索の利用をしてもらえなくなってしまうため、検索をする上で不必要な情報は削除される仕組みになっているのです。そうなると、良くない評価(ペナルティ)を受けてしまったサイトは表示順位が下がってしまいます。

 そうならないようにするためにも、クローラーがサイトの巡回に来たときに、検索結果が上位に来るような高評価を得るためにサイト内のコンテンツの充実性や有益性をあげてSEO対策をしなければならないという話につながってくるのです。

 以上が、SEO対策をする上で知っておくべきクローラーの仕組みです。クローラーの基本について見直したうえで、改めてSEO対策に挑んでみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する