1. 英語でスピーチをするときにうまく話せるようになるための3つのコツ

英語でスピーチをするときにうまく話せるようになるための3つのコツ

by The White House
 ビジネスシーンで英語のスピーチを求められる場面もあるかと思います。英語のスピーチを成功させるためにはいくつかのコツがあります。ここでは、英語でスピーチをするときに上手く話すためのコツを紹介したいと思います。

1. 原稿を用意して、ある程度記憶する

 原稿を用意して、普段の自分の言葉で要約し、スピーチ原稿の内容の全体を把握しましょう。本番で緊張して途中で言葉がつまったとしても、要約の記憶があれば、ふとフレーズを思い出すきっかけになります。暗記をする場合ですが、原稿の内容を、幾つかに分割して覚えていきましょう。

2. スピーチはゆっくりと大きな声で

 英語でスピーチをするときは、多くの人が自身がなさそうにしており、そのため、内容が伝わりにくいことがあります。まずは堂々とした態度でスピーチをすることが、英語のスピーチでも重要です。大きな声で読むようにして、また、緊張のため早口にならず、ゆっくりと話すことを意識してください。

3. 本番に近い環境の中で練習する

 練習をすることがスピーチを成功させるカギになります。本番に近い環境で練習を積み上げていくことが、緊張を防止し、スピーチの失敗を減らしてくれます。実際と同じ会場や、舞台、または機器を用意し、練習することができるといいでしょう。難しい場合でも、観客に聞いてもらう環境を作るようにすると緊張感が出て、練習として有意義なものになります。


 ここでは、英語でスピーチをするときに成功させるためのコツを紹介しました。英語でスピーチをするときは、日本語のスピーチ以上に事前の準備が大切になります。入念な準備がスピーチの成功を後押ししてくれるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する