1. 仕事の段取りをスムーズにするためのスケジュール管理の仕方

仕事の段取りをスムーズにするためのスケジュール管理の仕方

by csm_web
 仕事の段取りは人によってばらつきがあります。会社にいても段取りの良い人、悪い人さまざまなタイプがいます。仕事の段取りが悪いと業務上の不手際が出てトラブルに発展してしまったり効率の良い仕事ができなくなってしまいます。もし自分が社内でも段取りの悪い人の部類に入ると思うのならばぜひとも改善したいものです。仕事の段取りをよくする秘訣はやはりスケジュール管理にあります。今回はその方法について書いていきましょう。

スケジュール管理の重要性

 仕事の段取りをよくしようと思ったら、自分と会社や取引先のスケジュールを管理することが鍵になってきます。このスケジュールをうまく管理していないと時間に都合がつかなくなったりモノの都合がつかなくなったり人の都合がつかなくなったりします。このような業務上の不手際や滞りは取引相手がいれば信用損失になりますし、会社の利益を減らすことにつながります。ですからまずスケジュールを管理することは、仕事を滞りなく進める準備でもあるのです。

スケジュール帳は2つ持つ

 スケジュールを管理するということは、仕事の流れを把握することにつながります。スケジュールを管理し、何がいつ届くとか、誰といつ会うなど具体的なタイムテーブルを把握することで仕事全体を取り仕切ることができるのです。やはりそれにはスケジュール帳が必要です。最近ではパソコン上で管理する人もいますが、並べて手帳も持ちあわせておいたほうがいいですね。組んだスケジュールを何度も見返して確認することが重要です。

段取りよくする人の共通点

 段取りの悪い人の共通点とは、自分中心にものごとをとらえている人です。自分の都合のいいように認識したり、解釈したりする傾向があるため事実誤認や思い違いをすることが多いのです。確認を怠り、予測できる問題を回避するなどのくせがあります。逆に段取りの良い人とは、自分よりも取引先や周囲の人のスケジュールを把握しています。それを正確に認識しているがゆえに自分の動き方や会社としての動き方の道筋をつけることができるのです。よって周囲からも頼りになる人、信用できる人という人物像が造成されていきます。

まとめ

 仕事の段取りをよくするためにはスケジュール管理がなによりも大切です。そのスケジュール管理の極意とはなにかというと自分以外の人間がどう動いてどういうスケジュールの中にいるのかということを把握することにあります。自分がまず動くことを考えるのではなく人がどう動くのかということに注意しているがゆえに仕事をする上で段取り良くコントロールできるといえるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する