1. 独立して仕事をするのに向いている3つの職種

独立して仕事をするのに向いている3つの職種

by [puamelia]
 いずれ独立して仕事をしてみたいという方も多いと思いますが、やはり、独立して仕事を獲得することは難しいものです。職種をよく考えて独立を検討する必要があるでしょう。ここでは、独立して仕事をするのに向いている職種について紹介したいと思います。

1. システムエンジニア

 システムエンジニアは、独立に向いていると言えるでしょう。スキルとして、プログラミングをすることや、言語を覚えることは、普遍的にどの企業のシステムエンジニアにも求められている能力になります。独立して仕事をしたとしても、実力があればすぐに会社や受注先のシステムや、業務に適応することができるでしょう。

2. イラストレーターとwebデザイナー

 イラストレーターとWebデザイナーは企業でのニーズが高いため、独立して働くのに向いていると言えるでしょう。企業のロゴマークやキャラクターを製作するのに、いちいち人員を割くコストを持ち合わせている企業は少ないです。技術のある人に外注を依頼する場合も多く、独立しても仕事を受注しやすい職種と言えます。

3. ファイナンシャルプランナー

 ファイナンシャルプランナーというのも、独立しやすい職種と言えるでしょう。会社として、なかなか経営状態を客観的に判断できる人を抱えることは難しく、ファイナンシャルプランナーに依頼をする企業も多いでしょう。資格として取得することで、独立に近づくことができるため、ビジネスマンでも、ファイナンシャルプランナーに転向し独立する人が多いです。


 ここでは、仕事として、独立しやすい職種を紹介しました。スキルとして、企業に依存しないような職種がやはり独立に向いているようです。独立して働くスタイルを取りたいという人は参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する