1. コンテンツの内容を重視しよう!効果的なSEO対策

コンテンツの内容を重視しよう!効果的なSEO対策

by SEOPlanter
 Webにホームページを開放する人にとって、ページの閲覧数をあげるためのSEO対策というものが非常に気になってくるでしょう。SEO対策というものは、言うまでもなくヤフーやグーグルなどの検索エンジンのキーワード検索に対して自分のサイトを上位のランキングに表示させるための対策です。

 難しいのはこの検索エンジンのアルゴリズムというものは、明らかになっていない部分も多く対策が取りにくく時には間違った対策をしてしまい検索エンジンからペナルティを受けるといった事態にまで発展します。

  そこで、今回はコンテンツを重視したSEO対策について紹介していきます。



1. どんなSEO対策がある?

 
では実際にどういったものがSEO対策として有効なのでしょうか?検索エンジンの仕組みはあるキーワード、もしくはその組み合わせによって検索結果に導き、そこで上位に表示されるとよりたくさんの閲覧者に見てもらう機会が増えるというシステムです。

 非常に初歩的な1例としてコンテンツ中に検索してほしいワードを入れ、その部分を<strong>タグで囲むことによって検索ロボットにアピールする対策があります。非常に初歩的ですが有効な対策だと言われています。またサイトを作成するときにメタタグというものを打ち込むことがあります。htmlファイルのhead部分に挿入されるこのmete informationに検索してほしい検索ワードを盛り込むことによって検索ロボットに拾ってもらおうという考え方で非常に有効です。

 ただ注意しておきたいのは前者の対策は、あまりにも同じワードを不自然にコンテンツに盛り込めば無意味な言葉の羅列になってしまったり、場合によっては検索エンジンに嫌われる結果になります。また後者の方も同様でメタタグにあまりにも多くキーワードをちりばめ、キーワードを絞り込めていなければ検索エンジンとしても何のサイトかわからなくなってしまいます。



2. コンテンツこそ最大のSEO対策


 では真の検索エンジン対策とはどういったものでしょうか。それは何よりもホームページの内容を充実させることだと思います。コンテンツ中にちりばめられたテキストやキーワードも大切ですが、画像やイラストなどの要素もバランスよく使い、閲覧する人にとって魅力的なWwbデザインを心掛けることから始めることは非常に有効なSEO対策でしょう。

 決して精神論ではなくユーザーにとって本当に有益な情報を提供できる内容を盛り込むことこそ肝要なところでむしろ上述のようなSEO対策はそれを補佐する小技と考えた方がいいでしょう。

 そしてWebサイトの完成度を上げることも重要で、他のページに比べて明らかに情報量の少ないページや「工事中」や「準備中」などの表記でごまかすページがあるということもマイナスポイントです。Webサイトとして高い完成度を誇っていることこそ非常に有効なSEO対策だといえます。



3. まとめ

 
検索エンジン対策というものは、Webサイトを構築する上で非常に欠かせないものです。またそのアルゴリズムも常に変化、更新されておりそれに対応した研究や対策が行われています。しかしSEO対策だけしていればWebサイトがライカビリティやユーザビリティに富んだものになるかというと多くの場合そうではありません。それよりも先に内容やコンテンツを充実させることが重要で完成した内容を検索エンジンに対してアピールしたり、注目させたりするためのテクニックがSEO対策と言えます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する