1. 責任転嫁はやめよう!危険回避のためのリスク管理の方法

責任転嫁はやめよう!危険回避のためのリスク管理の方法

by BLMOregon
 リスク管理とは、実際の結果と予想とのぶれを最小限にし、リスクレベルに応じての一連の経過を行う経営管理手法のことをいいます。管理手法の種類として回避、軽減、転嫁、保有、移行、許容などがありますが、ここでは、他に責任転嫁すること無く危険を回避する為のリスク管理方法について紹介していきます。

1. 一人一人がリスクによって伴う結果の重大さを認識する

 リスク管理において、他に責任転嫁することは、危険を回避する為のリスク管理の根本的な意味と必要性が失われてしまうということです。誰のせいにするわけでもなく、誰かに押し付けるわけでもなく、一人一人がリスク管理の重要性を認識し、目を向けなければなりません。危険を回避することで、結果はどうなるのかという良い思考を常に持ち続けられるように指導し、一人一人の思考改革を行うことが重要です。

 2. 想定するリスクを事細かく洗い出し、対策を検討する

 どの業務においても、想定できるリスクは必ずあります。他に責任転嫁すること無く危険を回避する為には、想定するリスクを細部まで洗い出し、それを回避する為の対策を事細かに検討する必要があります。「これは絶対起こらないだろう」などという固定観念は無くし、どんな些細なことでも気にすることが重要です。起こり得ないという問題までも事前に事細かく洗い出し、対策を検討するこで、他に責任転嫁すること無く危険を回避することが可能になるでしょう。 

 以上が、他に責任転嫁すること無く危険を回避する為のリスク管理方法です。どの業務においても、リスクによるダメージを最小限にし、他に責任転嫁すること無く危険を回避することが理想なのではないでしょうか。そのためにも、以上の項目でもお伝えしたように、リスクによって伴う結果の重大さを認識し、どんな些細なリスクも徹底的に洗い出し対策を検討する必要性があるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する